FC2ブログ
雷除大祭
2011 / 06 / 01 ( Wed )
北野天満宮 雷除大祭

京の北野天満宮では6月1日に雷除大祭が毎年行われてれています。

看板

NEC_0090中門2

中門をくぐる手前に火之御子社があり、ここのご祭神は「火雷神(からいしん)」

火之御子社

由緒書

天暦元年(947年)以前にこの地に「北野雷公」と称え祀られて、雷電、火難
五穀豊穣の守護神として信仰を集めています。

古い記録によれば元慶年中(880年頃)太政大臣藤原基経が、五穀豊穣を祈願
するため、北野雷公をお祀りしたとあるようで、以来毎年祭典が行われてきました。

6月1日の午前4時から神職の方々による、古式にのっとった「火鑽式(ひきりしき)」
行われその斎火を点じて「雷除守札」に祈願をこめて参拝者に授与されます。

平安期 朝廷では雷神に雨を祈り豊作を祈願しました。
雷の多い年は豊作と言われていました。反面雷による被害も発生し、
五穀豊穣を祈願するとともに雷害も祈願したようです。

今日では農業、林業、電気関係、ゴルフ愛好者、釣り人などから親しまれている
ようです。

昔から怖い物は、地震、雷、火事、親父と言われて参りましたが、親父は少し
置いてといて、いつの世も地震、雷、火事は怖い物です。

特に今年の東日本大震災でその恐ろしさを認識したばかりです。
しっかり今後災害がおこらないようお祈りしてきました。

18 : 31 : 37 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<阿弥陀寺 | ホーム | 御金神社>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/319-ccab65ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |