FC2ブログ
道路元標
2011 / 06 / 28 ( Tue )
京都市道路元標

京都は三条烏丸の東南角(京都銀行三条支店の角)に
道路元標という石柱があります。

通りを歩いていてもなかなか気付かない石柱で、ただ道路元標と
だけ書かれていて、年代も詳細が書かれているものではありません。

京都市道路元標

明治政府は明治6年に各府県ごとに「里程元標」を設け道程の調査を命じ
ていました。

大正8年(1919年)には日本橋が仮設された時に東京市道路元標が設置され
旧道路法によって各市町村に一個づつ道路元標が設置されることとされました。
設置場所はほとんど市町村役場の前か、市町村を通る主要道路同士の交差点
に設置されました。

京都の三条烏丸に設置されたのは、
昔は三条通を境に京は上京区と下京区に分かれておりました。
又烏丸通は大正時代市電軌道設置で拡張され丸太町から京都駅迄市電が
通されました。この辺りは京のほぼ中心とみなされておりました。
故に京都の道路元標はここ三条烏丸に設置されたものと思われます。
大正9年の京都府告示第150号に府下の道路元標の位置が記されております。

この道路元標をもとに道路の起点表示となり、距離の目安とされました。

しかしこの道路元標は設置義務がなかったため、所によっては取り壊さ
れたりして現在はなくなっているところも多いそうです。

京都の元標は今もしっかりと残されております。
20 : 23 : 18 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<天寧寺 | ホーム | 本願寺伝道院>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/323-951cbdf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |