FC2ブログ
子安観世音
2011 / 07 / 29 ( Fri )
北白川の子安観世音

京の北東、今出川通を北白川に向かって、滋賀越道が交差する所
この辺りは北白川と称し、北は一乗寺、西は田中、南は浄土寺・
吉田と接する白河の北に位置することから北白川と称されるように
なった地域に当たります。

比叡山より流れ出す白川口に通じる山中越えに集落が形成され、
白川女で有名な草花の栽培や白川石を加工する石屋が多く栄えた所で
大正7年に京都市に編入されました。

又京都大学農学部と接するところでもあります。

道路標示

その今出川と滋賀越道の交差するところに、2m位の大きな石仏が祠に
お祀りされています。


子安地蔵

由緒書き

由緒書きによれば「子安観世音」で鎌倉時代のもので弥陀像であるようです。
地域の人々には子安観音として信仰を集めています。

石柱

この観音には逸話があり、豊臣秀吉が通りすがりこの観音を気に入り聚楽第に
移したところ、毎夜唸り声あげ「白川に帰りたいと泣いた」のでまたもとに
戻したと伝えられております。

お顔立ちは口を忍の字に結びしっかりと見据えておられるお顔です。
地域の人々の厚い信仰に守られ、いつも御花やお水が供えられております。

白川女は商いに出かけるときはまずこのお地蔵様にお花を供え商いの繁盛
をお祈りして出掛けると言われております。

地蔵尊

そのお隣には小さな夫々表情が違うお地蔵さまが祀られております。

京の町は祈りの町でもあります。
22 : 43 : 39 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<駒井家住宅 | ホーム | 嵯峨鳥居本>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/327-6280113c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |