FC2ブログ
紫野辺りの史跡
2011 / 09 / 20 ( Tue )
紫野の辺りの史跡 紫式部・小野篁の墓

京の紫野、堀川通の北大路を下がったところに、紫式部と小野篁のお墓が
あります。

小野篁卿墓 紫式部の墓

丁度紫式部の墓所の入り口、石碑の傍には紫式部の花実が色づいています。

この地に墓所が置かれたのは、南北朝時代に著された源氏物語注釈本
『河海抄(かかいしょう)』に「式部の墓は白毫院の南、小野篁の西」とあつたこと
によって現在の地に定められたと思われるようです。

白毫院は雲林院の末院で雲林院村の東南に位置していたようですが、応仁の乱
によって荒廃し、天正年間には引接寺(千本閻魔堂)に移されました。
現在引接寺にある紫式部の供養塔はその際に白毫院から移設されたと伝わって
おります。

紫式部墓2

紫式部墓3

通路を奥に進むと、一番奥に紫式部のお墓があります。
石碑の後ろに古墳が土盛りされていてその頂上にお墓があります。

 小野たかむら墓

紫式部のお墓の隣に小野篁のお墓があります。
紫式部は天延3年(975年)~位の年代、小野篁は延暦21年(802年)~の年代で
時代が異なりますが、このお墓が出来た頃、狂言綺語(小説)を操る物は
地獄に落ちると信じられたようで、小野篁は閻魔様に裁きを助けたといわれるように
源氏物語の愛好者が紫式部のお墓の横に小野篁を祀ったのではないかと伝えられて
おります。

今ではこのお墓は紫式部通り会の方々によって綺麗に清掃され、献花も行われて
守られております。
(資料は京都市考古資料館によるものから)




20 : 54 : 41 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<古代の祭祀 | ホーム | 宗像神社>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/343-ae24e29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |