FC2ブログ
かんのん市
2011 / 10 / 03 ( Mon )
霊山観音 かんのん市

秋晴れの3日、京の東山高台寺の隣に霊山観音があります。

観音2

高さが24mの鉄筋コンクリートでできているこの観音様は宗派を超えた
観音様で、第二次世界大戦の戦没者の冥福を祈るため昭和30年に創立された
ものです。
観音様の製作者は山崎朝雲氏で内部に十一面千手観音、二十八部衆の像を
お祀りされています。

ここからは京都市内が一望され、ねねの道から石部小路辺りにくると観音様が
東山を背にして陽に映え一段とその姿が浮かんでまいります。

萩

白萩

秋の七草、紅白の萩や芒が名残の花や穂をつけております。

不動明王

堂内の入り口には阿吽の不動明王が仁王立ちしています。
昭和38年に松久宗琳作と書かれています。

如意宝殊説明 如意宝殊

この場所は風水的に吉地であることが古くから知られているそうです。
その吉地に ”万物を生み出す力 「如意宝殊」”というのが置かれています。

説明には大宇宙の全ての根源は完全無欠の形「玉」で表現されます。
密教の秘法「能作性如意宝殊」が埋蔵されていた霊地で天地の気が集まる
不思議な玉に触れ願いを叶えましよう

というものです。多くの方願いを書いてがこの玉に触れていかれたようです。

愛染明王1

愛染明王2

境内には愛染明王がお祀りされています。
縁結びの神様・・・良きご縁がむすばれますようにお祈りいたします。

かんのん市

かんのん市2

この霊山観音では2009年10月より毎月3日にかんのん市が開催されています。
まだ規模は小さいですが、手作りの自慢の作品が販売されています。

京の都では、市といえば21日の弘法さん、25日の天神さんに代表されますが、
知恩寺の手作り市や、妙蓮寺の市などいろいろな所で催されております。
18 : 38 : 15 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<石塀小路 | ホーム | 瑞饋祭り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/346-431929b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |