FC2ブログ
高雄三尾の紅葉模様(1)
2011 / 11 / 26 ( Sat )
高雄三尾  栂尾山高山寺

京都は右京区内の北に高雄三尾といわれる栂ノ尾槇ノ尾、高雄があります。
春は桜、秋は紅葉の名所でも知られている風光明媚なところで
その栂尾の楞伽山に平成6年に世界遺産として登録されている
「高山寺」があります。

高山寺は宝亀5年(774年)光仁天皇の勅願によって神願寺都賀尾坊
として開創されました。
その後「栂尾十無尽院」と改称されましたが、鎌倉時代に明恵上人が
後鳥羽上皇の院宜により南都東大寺の華厳を根本とし、戒密禅を
兼ねた寺としました。1206年に勅額「日出先照高山之寺」を賜り、
寺号を「高山寺」と改称されました。


石水院

その高山寺には国宝の「石水院」があります。
明恵上人が後鳥羽院より学問所として賜った建物で明恵上人時代の
唯一の遺構とされ機能的な構造は住宅建築の傑作ともいわれています。
扁額は鉄斎によるものが掲げられております。

また、高山寺には国宝とされる
「鳥獣人物戯画四巻(鎌倉時代)」や「明恵上人樹上坐禅像」仏願仏母像」など国宝、重要文化財は1万点にも及ぶとされています。
特に鳥獣人物戯画は動物(蛙、兎、狐、等々)が人間の姿で描かれて
いるのはとても興味深く、滑稽さもありたのしく見ることができます。
現物は国立博物館に所蔵されていてそのレプリカをみることが
できます。

庭園

石水院の前庭は散紅葉の絨毯が敷き詰められています。

わらべ地蔵

茶園

栂尾山は茶の発祥の地ともいわれ、明恵上人は茶祖といわれています。
鎌倉時代初期、栄西禅師が宋に渡り養生、仙薬、延命の妙術として
これを広めようと茶種を持ち帰り明恵上人におくられました。
明恵上人はこの茶種を栂尾に植えられ、広められました。
栂尾は茶の本園、その茶は本茶と呼ばれ、天皇への献茶も毎年
行われて参りました。

開山堂2

開山堂の紅葉です。

灯籠

参道にある燈籠は大きな春日燈籠です。
これより金堂道を通り高山寺で一番高所にある金堂へと続きます。
金堂の隣には、旧石水院跡、また仏足石なども拝観することができます。

高山寺の紅葉はそろそろ終盤となります。
22 : 40 : 40 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<高雄のもみじ家 | ホーム | 龍源院>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/365-14eb50a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |