FC2ブログ
京都検定
2011 / 12 / 11 ( Sun )
第8回京都観光文化検定試験

京都商工会議所が毎年12月に京都観光文化検定試験を開催されていて
今年は第8回目を迎えました。

当初この京都観光文化検定試験が実施されたことで、一躍ご当地検定ブーム
を巻き起こし、各都道府県から、蛸検定、茶道検定、着物検定と多くの
検定試験が行われるようになりました。

京都観光文化検定試験は「京都をもっと知りたい」「京都を正しく理解する」
後世に正しく伝えていく、きょうとの素晴らしさを発信する」ことを目的に
平成16年に開始されました。

試験は3級、2級(マーク式)と最も高度な1級(記述式)とがあります。
第1回は9,801人が受験され最年少は10歳、最年長は82歳と発表されています。

そして今年、第8回も約5,660人の受験者が今日12月11日に挑戦いたしました。
最年少は10歳、最年長は90歳だそうです。

恐らく検定試験でこれだけの年齢の層を越えて受験できるものは少ないのでは
ないかと思われます。
それだけに試験をより楽しんで、勉強できることに喜びを感じます。

試験会場は京都は、同志社大学、大谷大学、立命館大学、と東京会場に
分かれて夫々行われました。

立命大学顕彰碑

その京都観光文化検定試験の会場の一つ、ここ立命館大学衣笠キャンパスです。

立命館大学は私立で、明治33年に開校いたしました。
創設者は西園寺公望の秘書を務めていた、中川小十郎氏によって京都法政学校
を前身として鴨川畔に創設されました。
その後広小路寺町に移転し、昭和56年に現在の衣笠校へと移りました。

立命校舎

ここ、立命館大学衣笠キャンパスは
衣笠山を借景に、近くには金閣寺、竜安寺があり、この衣笠山に沿って仁和寺
を過ぎ周山街道へと続く「きぬかけの道」がある風光明媚なところに建てられて
いて、多くの観光客が訪れるところです。

検定

検定2

この立命館大学衣笠キャンパスの存心館では午前10時から3級が、午後1時30分から
2級の試験が行われました。
会場には早々と多くの人が参加され、皆熱心に問題に取り組んでおられました。

10歳から90歳とあらゆる年齢差の人が同じ問題に取り組むのは何とも不思議な
感じがいたします。

結果は来年1月25日頃に発表されるそうです。結果が楽しみですね!

京の年末の風物詩となりました。
19 : 54 : 33 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<西陣魚新 | ホーム | 常照皇寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/370-3d16ba3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |