FC2ブログ
西陣魚新
2011 / 12 / 17 ( Sat )
有職料理 西陣魚新

京は西陣の地(浄福寺通今出川1筋下がる西入る)に有職料理の魚新があります。
開業は安政2年、ご先祖は文化文政年間東山五条で御所御用の酒造・醤油を商い
しておられましたが、江戸後期に方広寺大仏前各地の一斉退去により
この西陣に移られたようです。

「魚新」の屋号となったのは創業者のお名前”角屋新助”の角におもてなしの
心を常にと心をつけ魚とし新助の新をとって「魚新」となったとお聞きしました。

有職とは、所持万端宮中のしきたりにそって執り行うことをいい、
魚新さんも御所の大礼の饗膳を奉仕されてまいりました。

その有職料理の流儀には
四条流、四条園部流、四条園流、生間流、大草流、進士流があり
もとをたどれば四条山蔭流を祖とするそうです。

各流派の料理司は宮中・幕府、宮家に明治維新まで仕えてこられたとか
明治維新以降改革によりその職を辞し、それぞれの新たな有職料理として
その秘伝技術が継承され今日に至るようです。

その由緒ある料理司の一軒に「魚新」さんがあります。

通り

この魚新の発祥の地は室町幕府の置かれたあたりで、美しい風景をたたえる
「七松観」という名のおこりとなった七本の松がありその内の一本が
この魚新のお庭に残されているようです。


玄関

玄関の暖簾は御所出入りの店にのみ許された白の麻暖簾が懸けられて
おります。
そして暖簾の模様は商標登録された「鯛の鯛」が向かい合わせになった
意匠が染め上げられております。
この模様は、箸袋にも、器にも用いられております。

屏風

お部屋に飾られた屏風は時代を感じさせるものです。
どなたの作品かは聞き洩らしました。

雪見障子

懐かしい雪見障子からお庭をみることができます。

床飾り

与謝野鉄幹・晶子とはご親戚にあたられるとかで、御両人からの軸も
掲げられておりました。

御所御用達で、皇居と二重橋が描かれた軸が懸けられていました。

宮内庁御用達


大饗のお献立

大饗料理の献立が再現された様子が展示されています。
意外と質素なようにも見られます。

大正天皇賜物

大正天皇からの賜物も展示されております。

お重

こちらで本日頂いた有職西陣弁当です。

     御造り

お弁当の中には、お造り(トロ、鯛、イカ、長芋)

      煮物
 煮物は人参、ホウレンソウ、海老イモ、カモ等

     吹き寄せ
  吹き寄せは鰆の味噌漬け、だし巻き、煮豆、おたふく、りゅうひ巻、サツマイモ
   八幡蒟蒻、はんぺい、蓮根、生麩饅頭等)

     ぬた

   わけぎのぬた

     椀もの
  椀物はしんじょに宮様豆腐、まいたけ、ゆず
  ゆずの香りがなんともいえず、宮様豆腐は魚新の名物豆腐でなめらかな
  美味です。

     デザート

  デザートは苺、洋梨、ゼリー 彩りも良く、名残の紅葉が
  添えられているのもおしゃれです。

一年頑張った自分へのご褒美に、そして又来年も頑張ろうと、ちょっと
心も、目も、お味も贅沢を味わって英気を養いました。
23 : 49 : 46 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<卯年から辰年へ | ホーム | 京都検定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/371-38d82057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |