FC2ブログ
白馬奏覧神事
2012 / 01 / 07 ( Sat )
上賀茂神社 白馬奏覧神事


上賀茂神社の双龍の大絵馬に迎えられて、2012年辰年の新年参拝
1月7日は初卯の日でもあり、上賀茂神社では初卯際と、「白馬奏覧神事」
同時に行われました。

白馬奏覧神事は、年の初めに白馬(青馬)を見ると一年の邪気が祓われるという
故事にちなんで行われる宮中の儀式を神事化した「白馬節会」というものです。


辰絵馬

白馬

上賀茂神社には神馬(白馬)がいて、毎年7日にこの白馬節会が行われています。
本殿には七草粥がお供えされ、午前10時に本殿に白馬が曳かれ、お祓いをうけて
大豆が与えられます。
今日は参拝客が多いせいか白馬も落ち着かない様子でした。

神馬

本殿は現在第42回式年遷宮(平成27年)に向けて桧皮葺屋根の葺き替え工事
が行われております。
国宝の本殿は後世に守り伝えていくためにはこうして式年遷宮ごとに改修が行われて
いきます。

本殿

初卯の今日は厄除卯杖が飾られ販売されています。
厄除け卯杖はもとは中国から伝わり、邪気を払うために「剛卯」と称する角棒を腰に
吊るしたのが始まりといわれております。
この卯杖はお札の原社形態ともみなされ、祝杖や卯杖寿の名でも呼ばれ縁起物でも
あるそうです。
平安時代宮中ではこの卯杖を厄除けのお守りとして飾る習わしがあったのが、
やがて神社でも神事として定着してきたそうです。
この卯杖の形状は空洞になった空木を2本あわせ山立花(やまぶこうど)と
石菖蒲(せきしょうぶ)、紙垂(しで)を挟んで日蔭蔓を飾って作られる
ようです。一年お家にお飾りすると厄除けになるそうです。

卯杖 卯杖2

本殿にお供えされた七草粥は参拝者の方々にも500円で振舞われていました。
お餅が2個入ってボリュームたっぷりの七草粥は寒さの身体を芯から温めて
くれます。(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)
上賀茂名物「すぐき菜」が添えられて、丁度マッチした塩加減がとても
美味です。

七草粥を戴いて今年も一年の健康を祈ります。

七草粥3

七草粥2

19 : 26 : 37 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<諏訪流 放鷹術 | ホーム | 辰年>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/374-597a9c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |