FC2ブログ
西角
2012 / 02 / 01 ( Wed )
京料理 西角(さいかく)

河原町今出川から西へ1筋入って北に上がったところ枡形商店街の手前に
京料理の「西角(さいかく)」があります。

出街に出店されてからもう40年になります。

こちらのお店のモットーは気軽に、ゆったりと京料理を味わって頂くために
基本に忠実に、とくに上賀茂の農園から
旬の期間だけ、野菜の本来の旨味を存分に楽しめるよう、その日に使う分だけ
その朝に、畑から採ってきてもらって調理すると、ご主人は話されております。

看板

表からエントランスを通して白麻の清楚な暖簾がかけられております。
この通路を入ったところが玄関になっています。

エントランス

店内はこじんまりとした中にも落ち着いたしつらえのいい雰囲気です。

店内

壁際には暖色系の帯状に桐の紋が描かれております。

桐

八寸盛りには、菜の花のからし和え、蛸の含め煮、手毬すし、数の子の昆布しめ
小魚の味醂干し(この味醂干しは非常に美味です。)

器は季節の先取りで梅鉢に南天の葉が添えられて、心憎い演出です。

八寸

お造りは4種、よこわ、鯛の昆布絞め、うに、他
新鮮でプリプリとした味わいは本わさびととてもよく合います。

お造り

蕪蒸し、わさびが効いていて、冬ならではの温まる一品です。

蕪蒸し


上賀茂ネギの椀物、お汁のお出汁が最高、上賀茂ネギも柔らかく香りもよく
お葱の新しい使い方を勉強いたしました。

椀物

蕗の塔と海老の天麩羅。もう蕗の塔がでています。今回のものはそれほど苦みも
なく、香りがほのかにして春の訪れを感じさせてくれました。
海老は尻尾までカリカリと揚げられて香ばしく頂けます。

揚げ物

湯葉に山芋をすりおろしたものを掛け法楽で軽く焼かれたもので
ちょっと香ばしく乙なお味です。

湯葉の山芋掛け

ご飯、赤だし、香のもの(きゅうりの浅漬けは美味です)

ご飯

当店自慢のわらび餅。黒蜜は甘すぎず、ひつこすぎず、ぷるん ぷるんと
して、口の中にスルット入っていきます。

わらび餅

西角ではお昼のメニューはおまかせコースは3800円、4,500円
 お造り定食、天麩羅定食 は1800円、
 夜のおまかせコースは5,500円、7000円とほかにアラカルトもあります。
 電話は075-241-1571です。 是非事前予約を
00 : 09 : 34 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<蓮光寺 | ホーム | 大光明寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/392-5eef42ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |