FC2ブログ
京のおばんざい
2008 / 10 / 28 ( Tue )
京のおばんざい

京に暮らす人びとの日常戴くお料理・・・おばんざいは

地で採れた新鮮な旬の野菜を主に、手近な食材で手間ひまをあまりかけず
簡単に、それでいて美味しく「もったいない!もったいない」の精神を大切に台所を
預かる主婦の知恵でおばあちゃんから、母へそして娘へと代々受け継いでいくお料理です。

おばんざいはおふくろの味、馥郁とした郷愁を思わせる懐かしい味でもあります。

京都に、料理研究家で最近ニューヨークで最も権威のある食の専門誌
『サーバー』誌が選出する「世界で活躍する100人」に日本では唯一料理人として
選ばれた素晴らしい今井幸代先生がおられます。

現在も多方面で活躍され、京の歴史や風習にも造詣が深く著書に『嵯峨風雪月花』
『年ふりて』があり、又新に『ふたたびの・めぐり逢い』も上梓されておられる超多忙な
先生です。

先生は、旬を大切にするということは、その時期に美味しいものを食べるというのは勿論
ながら、その時期に身体に必要なものを食べる、それが薬効となると話されています。

先生のお料理には隠された味が素材を引き立てまろやかな香と深い味わいに仕立て上げ
られていきます。

そんな先生のおばんざいを賞味させて頂く機会に恵まれましたのでご紹介します。

おこわ
黒豆おこわ  
  特に”黒豆おこわ”は病気平癒で退院されてきたら、又まめに苦労して暮らせますようにと
  黒豆のおこわでお祝いをします。

                          じゃこゆば
じゃこゆば   
  チリメンジャコはお酒で充分酔わせてからゆばとあえるとより美味しく仕上がります。
  お酒のおつまみに最適ですが、大人も子供にも喜ばれる栄養価の高い一品です。

   
リンゴ
リンゴの白味噌和え   
  リンゴが旬の季節になりました。シャキシャキと歯ごたえもよくお酒のおつまみにも
  よくあいます。
                            
                        大根
  大根の甘酢和え   
   大根は皮も全て残さずつかいます。包丁を入れる時に繊維にそって入れるとより
   歯ごたえがよく、シャキシャキ感が味わえます。
   これから大根も美味しく、消化を助ける優れものです。


 ちょっとした工夫で一味違った美味しいおばんざいの手ほどきを受けたいものです。
   
18 : 35 : 11 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<美山の里 | ホーム | 時代祭>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/40-21a222fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |