FC2ブログ
美山の里
2008 / 10 / 30 ( Thu )
南丹市 美山の里

京都市内から国道162号線を北へ車で約1時間30分のところに美山の里が
あります。

 紅葉 水

三国山、頭巾山、長老山の連山に囲まれ、町の中央には由良川の源流が流れ
自然がまだまだ残されている町

                    茅葺

この辺りでは茅葺の民家がまだ250軒も残されて、「重要伝統建造物群保存地区」
にも指定されている。11月23日にはこの茅葺地帯で防火の一斉放水が行われ
テレビなどでも放映されて虹が描く田園風景を一度訪れてみたいと思っておりました。

マート1 商工会

自然が豊かな美山では山菜、松茸、川魚、野菜、果物の生育がよく自然食品の製作に
町を揚げて取り組んでおられ、ふらっと美山マーケットで安価で販売されておられます。

冬は雪が50cmも積もる山深い地では野生の鹿、猪、熊、たぬき、狐などが生息して
いますが、近年山の整備が中々施されなくなり、これら野生動物の餌が少なく里に
下りてきて農家の丹精込めて育てた野菜、果物をあさり大きな被害を及ぼしていると
ききました。


市長  今井先生

今回その被害を及ぼす野生鳥獣を駆除するだけでなく有効利用して相互に繁栄する道を
模索し、新たに取り組んでいこうとお二人の著名人をお招きして今井幸代先生の
コーディネートで講演会が美山町の河鹿荘で開催されました。

坂間氏  講演会

「野生鳥獣料理の西洋料理における位置づけ」と題してイタリア料理三ツ星レストラン
「エノテーカ・ピンキオーリー」東京店 常務取締役総支配人の坂間英明氏の講演と

                 吉野氏

鹿肉をジビエにミシュランの星に輝く人びとの手によってと題してフランス料理界でも
有名な吉野建(よしのたてる)氏の講演を聞くことができました。

ルネッサンスと食文化の発展、フォーク、ナイフを使うようになった第2の食文化の変遷
や鹿肉が始めはニュージーランドより入ってきたジビエ料理の流れ、
又昔の貴族は食事に費やす時間は6~8時間もかけて寝転がって食事をしたなど
興味深いお話の内容でした。

ジビエ2 ジビエ1

講演会の後はジビエ料理やお餅をおいしくいただきました。

              餅つき2

自然によりそい、そこで暮らす人びとと、動物がよりよき棲み分けが出来、食の安全が危ぶまれ
る昨今、より安全で豊かな生活が美山から発信されることを願っております。

14 : 56 : 13 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<鞍馬山 | ホーム | 京のおばんざい>>
コメント
----

ブログ拝見しました!
綺麗なブログですね☆
ブログランキングもポチしときました♪

あと、今takaはNTT主催のブログランキングやってるんで
応援して貰えるとうれしいですо(ж>▽<)y ☆

また遊びに来ますね♪
これからもよろしくです!

by: taka * 2008/11/05 23:32 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/41-df53b450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |