FC2ブログ
祇園女御塚
2012 / 03 / 04 ( Sun )
祇園女御塚

京の祇園、円山公園を通り抜けて、ねねの道から二年坂へ通じる通りへ
出ると間もなく祇園女御供養塔と書かれた札が目につきます。
この辺りに平安時代の後期、祇園女御の屋敷があったと伝えられております。

祇園堂

祇園女御は生没年は定かではありませんが、白河天皇の寵愛を受けた妃で
あるといわれております。

NHK大河ドラマでも松田聖子演じる祇園女御、
白河殿・東御方とも呼ばれて、平家物語によれば白河法皇は子供を身籠った
女御を平忠盛に下賜され、生まれた子供が平清盛であると説明書きがなされて
おります。
また一方では下賜されたのはその妹であるともいわれております。

駒札

女御は屋敷の隣接地に阿弥陀堂を建立し、法皇崩御の後は菩提を弔って余生を
送ったといわれているようです。
現在のこの地には女御の菩提を弔う祇園女御塚が置かれてたようで、
京都祇園堂が建築されている間移築されていたものが、祇園堂完成に伴い
改めて建物の表に安置されたようです。

今までここを通っても見かけなかったのは建築中であったことと、それまでは
説明表示もなかったせいかもしれません。

塚

大河ドラマの効果は大きいようです。歴史物語は作者によっていろいろな説に
分かれますが、又ひとつ遺跡が表舞台へ出されひもといていく楽しみも生まれます。
22 : 48 : 08 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京の街 柳小路 | ホーム | こだわりマルシェ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/419-87716b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |