FC2ブログ
鞍馬山
2008 / 11 / 04 ( Tue )
貴船の里~鞍馬へ

快晴に恵まれた連休の一日貴船から鞍馬へトレッキングに出掛けました。
叡山電鉄で出町柳から貴船口駅へ車窓から紅葉が始まった様子を眺めながら
あっという間の30分
                清流

貴船は1995年に水源の森百選にも認定されているだけあって流石にせせらぎが素晴らしい。
川沿いに蛍石を眺め、京都の奥座敷といわれる貴船の料亭が立ち並ぶ町並みを通り、
貴船神社へ

貴船神社       おみくじ

貴船神社は加茂川の水源にあたるところから水を司る神を祭り降雨、止雨を祈る神として信仰
されている。貴船神社にお参りをしておみくじを、こちらのおみくじは水占斎庭の水に浸すと
運勢が浮き出てくるというもの、本日は吉とでました。 みんな思い思いにおみくじを楽しんだ後
奥の院へ。

御更衣祭          相生の杉

貴船神社の奥の宮では11月1日はご更衣祭の日にあたるとか、神様が冬に衣替えをされる
その儀式が行われていました。
奥宮では連理の杉を始め樹齢700年~1000年とまでいわれる大杉並木がありご神木として
祭られております。
奥宮でお弁当を、森林浴をしながらの昼食は又格別な味わいがし、清清しい気分を味わう
ことができました。

木の根道    比べ石

腹ごしらえが出来たところで愈々鞍馬山へ、西門から魔王殿を通過し、このあたりは岩盤が
硬く地下に杉の根を張れないため地上に張り出したアラベスク模様の木の根道を通り
義経堂へ、義経が「遮那王」として7歳で入山してから約10年間すごした鞍馬山には
義経の遺徳を偲んだ背比石、遮那王堂、供養塔等などがある。

              木漏れ日

大杉権現社を経て、霊宝殿へたどり着く、途中休憩を入れて所要時間約1時間

霊宝殿には京都の北の守り神である国宝の「毘沙門天像」が安置されている。

又与謝野晶子の書斎「冬柏亭」や与謝野記念館もある。

金堂       連山

金堂からの景色も快晴に恵まれ最高の眺めで紅葉が始まった連山の様子がまぶしく見事でした。

由岐神社      鞍馬寺2

金堂から毎年10月22日に催される鞍馬の火祭りで有名な由岐神社へお参りを、両側に見事
な杉のご神木を眺めながら仁王門におりてきました。

最後は鞍馬の名物、木の芽煮をお土産に休日の一日を満喫することができました。
11 : 32 : 40 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<叡山電鉄 | ホーム | 美山の里>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/42-e0c00229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |