FC2ブログ
妙心寺 玉鳳院
2012 / 03 / 08 ( Thu )
妙心寺塔頭 玉鳳院

妙心寺の塔頭の一つで法堂の東にある玉鳳院は花園御殿とも称され、
花園法皇が伽藍の傍に建てた山内最古の塔頭寺院といわれております。

玉鳳院看板

花園法皇が妙心寺を創建した際に、自身が隠居するところとして建てられ
のが玉鳳院であるとされ、方丈には花園法皇がお祀りされております。

玉鳳院扁額

方丈前の唐門は寛文年間に建立されたものだそうです。

玉鳳院唐門

方丈の襖絵は狩野益信の秋草図や狩野安信の龍虎図、花鳥図などが
描かれております。
開山堂(微笑庵)は重要文化財に指定されていて、開山の関山慧玄が
お祀りされていて山内最古の建物といわれております。
天文6年(1537年)東福寺から移築されたものだそうです。

開山堂唐門

開山堂唐門は四脚門で平唐破風で応永16年(1409年)後小松天皇から
御所の南門を寄進されたものだそうです。
表の柱には応仁の乱のときの矢じりの跡がのこされております。

玉鳳院平唐門

開山堂前には一対の妙心寺型燈籠が置かれております。
砂紋をいかした枯山水のお庭が広がり国の史跡に指定されております。


祥雲院御霊屋には豊臣秀吉の息子棄丸のがお祀りされております。

また開山堂の東北には織田信長・信忠や武田信玄・勝頼の供養塔が
建てられております。

玉鳳院牛石駒札

玉鳳院の玄関には牛石というのが置かれています。
これは開山の関山慧玄がまだ伊深(岐阜県美濃)おられた時、村人から
請われて、牛を使って田畑を耕しておられたが、妙心寺へと招聘を受け
京都に登られるとき、その牛が涙を流して後を追ったといわれて
いたそうです。
この言い伝えに因んで元妙心寺の管長さまが開山と牛の仏縁の証を
開山の600年遠忌に総見院の信徒の方よりこの牛石を奉納されたもの
をここに置かれたと説明されておりました。

牛石
22 : 26 : 18 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京都文化博物館 | ホーム | 妙心寺 三門(山門)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/422-8efd8081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |