FC2ブログ
叡山電鉄
2008 / 11 / 07 ( Fri )
叡電「デオ600」のラストラン

  エイデン 叡電



京都の出町柳から比叡山本線、鞍馬線と2路線で親しまれている叡山電鉄
の車両には現在デオ700、デオ800、デオ900などの車両がつかわれている。

鞍馬線では出町柳から二軒茶屋までが複線で二軒茶屋から鞍馬までは今でも単線で
運行されている。

昔から市民の足として、近年開発が進んで新しい家並みができたが、それまでは
自然の中を四季折々の風景を車窓に写しながら ”ガタコン、ガタコン”と走り続けて
きました。

デオと名前がつけられている意味は
 デ・・・・・・・電動車、   オ・・・・・大型車
から600,700と型式がつけられているそうです。

デオ900は「きらら」とも呼ばれ修学院から比叡山に通じる「雲母阪」から銘銘され
たこの車両は座席が窓に面して移動できるため紅葉のころはその眺めも格別で
人気の車両となっています。

そんな新しい車両にバトンタッチした「デオ600」は11月1日にラストランをむかえました。

唯一「つりかけ駆動方式」で加速や減速時に”グオーン”と鳴る独特の音が鉄道ファンには
たまらないとか

ラストランを迎えたこの日、鉄道ファンが大勢つめかけ、名残を惜しんでしっかりと最後の姿を
写真の収めていました。
15 : 59 : 57 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<平安神宮 | ホーム | 鞍馬山>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/43-bb872fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |