FC2ブログ
平安神宮
2008 / 11 / 10 ( Mon )
平安神宮

疎水  岡崎

ここ2,3日の冷え込みで全山紅葉も近く、山が装う艶やかな京の都
街中でも色づき始め、平安神宮を訪れてまいりました。

平安神宮1 

平安遷都1100年を記念して、桓武天皇を御祭神として明治28年に創建され
昭和15年には孝明天皇のご神霊が合わせて祀られるようになりました。

平安神宮の祭事で代表的な10月22日に催される「時代祭り」は広く全国に知られ
多くの人々がこの時期京都を訪れます。

大極殿の前には左近の桜、右近の橘が植えられ、又神苑は東、中、西、南の四神苑に
別れ33000㎡もの広大な広さで四季折々にその風景を楽しむことができます。

この神苑は池泉回遊式で7代目小川冶兵衛の作庭で国の名勝にも指定されています。

春は桜、~ 杜若 ~ 花菖蒲 ~ 秋は紅葉と夫々に見ごたえのあるお庭です。

又源氏物語にまつわる花々も楽しむことができます。

平安神宮4 つわぶき


            平安神宮3


「臥龍橋」は三条大橋、五条大橋の橋げたを使って、龍の背に乗って池に移る
空間を楽しむような気分で味わうように作られたそうです。

尚美館      平安神宮2


尚美館は通常貴賓館として使われているが、春の桜のころに紅しだれコンサートの
会場としても知られております。
ここから奏でられる調べを聴きながら見事な桜と池に移る景色を眺めるのは
至福のひと時です。

                泰平閣

通称「橋殿」と呼ばれている泰平閣からの眺めは池に移る景色と合わせて
まさに京に都が在りし日の雅な風情をたのしむことができます。

この尚美館と橋殿は京都御所より御下賜されたもののようです。

街中の極近くでこのように四季の移ろいを楽しめる京都は多くの人々の
あこがれであることがうなづけます。

12 : 47 : 16 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<秋の創作京菓子 | ホーム | 叡山電鉄>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/44-66181147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |