FC2ブログ
無鄰菴
2012 / 04 / 03 ( Tue )
無鄰菴

京の琵琶湖疏水の動物園前舟溜り(南禅寺草川町)に明治・大正時代の
元老「山県有朋」が京都に別荘として造営した無鄰菴があります。

この無鄰菴は山県有朋が明治27年(1894年)から29年(1896年)と2年かけて
京都に別荘として造営いたしました。建物は母家と洋館、茶室からなり
その土地も大半は庭園が占めております。

駒札

無鄰菴の名称は山県有朋が出身地長州(現在の山口県)に建てた草菴が隣家の
ない閑静な場所にあったことから名付けられたと言われております。

玄関

建物は簡素な二階建ての母屋があり、その前面に広々とした庭園が広がります。

山県有朋は青年時代は吉田松陰の松下村塾に学び、高杉晋作や伊藤博文らとともに
尊王攘夷運動に参加し、文久3年(1863年)に奇兵隊の軍監となります。
明治政府の成立とともに陸軍の中心的人物として活躍し、政治家としては、参事院
議長、内務大臣、等を歴任の後明治22年には第1次明治31年には第2次内閣を組閣
いたしました。大正11年(1922年)死去するまで実力者として活躍した方です。
一方趣味の世界においては和歌、歌舞音曲、築庭にも優れた才能をもったと
言われております。

母屋


母屋内部

無鄰菴野庭園は山県有朋自ら設計し、名造園家といわれた7代目小川冶兵衛が作庭
した池泉回遊式の庭園となっております。
山県有朋はこれまでの伝統的な作庭に批判的な考えをもっており、小川冶兵衛に
対し新しい感覚で次々と注文を出しましたが、小川冶兵衛はその期待にこたえ
この無鄰菴の庭園を見事に作り上げたと言われております。
無鄰菴の庭園は小川冶兵衛の初期の作品ではありますが、後の近代日本庭園の
原点とも賞されて守られております。

お庭

庭園の一番奥には滝組がされ、池、芝を配した池泉回遊式の庭園には
琵琶湖疏水の水が取り入れられております。

庭園 滝組

丁度今は馬酔木が花をつけております。

馬酔木

茶室は藪内流家元の茶室「燕庵」を模して造られたといわれております。
茶室、庭園は小道をつたって回遊し楽しむことができます。

茶室


灯籠

洋館は明治36年(1903年)に山県有朋、政友会総裁の伊藤博文、総理大臣
桂太郎、外務大臣小村寿太郎の四者によって日露開戦直前の外交方針を
決める会議が行われた場所として知られております。

洋館

洋館はレンガ造りで1階の金庫室のような大きな扉が取り付けられていて
中には遺品の展示や小川冶平衛が京都で作庭した代表的なお庭のパネル
が掲げられております。

洋館2


山県有朋


小川冶兵衛


遺品


洋館内2

2階には江戸時代初期の狩野派による金碧花鳥図の障壁画や天井画で飾られ
豪華なお部屋が造られております。

洋館2階


2階2


2階天井

山県有朋が愛用した見台つきの椅子が置かれています。

2階3

この無鄰菴は昭和16年(1941年)に京都市に寄贈され、昭和26年(1951年)
には庭園が明治時代の名園として、国の「名勝」に指定されています。
00 : 36 : 43 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<わらび餅 | ホーム | 西行庵>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/443-ac836d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |