FC2ブログ
京都茶寮
2012 / 04 / 29 ( Sun )
京都茶寮

京都駅ビルの2階、南北自由通路 駅ビルインフォメーション横に
京都茶寮があります。

ちょっと疲れた時の休憩に、美味しいお茶を所望する時に、お友達と
おしゃべりしたい時に利用する、落ち着いた雰囲気のお店です。
格子戸がおしゃれでつい入ってみたくなるそんな京都茶寮でお茶を戴きました。

玄関

京都茶寮は宇治でお茶を製造されている老舗の丸久小山園さんのお店です。
丸久小山園さんは元禄年間に宇治小倉の里で茶の栽培と製造を手掛けたのが
始まりといわれております・
以来今日まで脈々とその暖簾を守り継承されております。

店内は落ち着いた雰囲気で黒を基調とた店内造りがなされています。

店内

未生流の生花の活け込みがなされていました。

生花

お茶にはいろいろな楽しみ方があり、奥深さがあります。
茶道、煎茶道、日常のお茶、それぞれに作法があり、楽しみがあります。

闘茶という楽しみ方もあります。
お茶の銘柄をどれくらい当てることができるか、味覚、嗅覚の戦いです。
そんなお道具の展示がなされています。

DSC01492闘茶

また煎茶のお道具の展示もされていて、彩りがとてもきれいな煎茶茶碗が
目をひきます。
煎茶のお道具も沢山の種類があり、その名称も普段あまり耳にしないものも
あります。

煎茶器

抹茶に桜の練りきりのお菓子を戴きました。
お茶のお詰めは丸久小山園さんで、特にこの京都茶寮でブレンドされた、ここだけの
お茶をたててくださいました。

お湯加減も丁度よく、泡立ちも細かく、美味しいお茶でした。

お茶1

お菓子は季節の主菓子を好みで選ぶことができます。

お茶2

軽く焙じ茶を戴くこともできます。

お茶3

”やっぱり京の都はええとこどす。ほっこりしますえ!”
22 : 22 : 19 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<無二荘の牡丹園 | ホーム | うなぎの廣川>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/460-6018559e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |