FC2ブログ
萬壽禅寺
2012 / 05 / 11 ( Fri )
京都五山 萬壽禅寺(万寿寺)

足利尊氏が建武政権から離れて南北朝時代となると禅宗を信仰して
いたため夢想疎石が中心となり京都の寺院から新たに五山が制定
されました。

室町時代、第3代足利義満が相国寺を創建してから京都五山、鎌倉五山を
区別し、南禅寺を五山の上に置くと云う改革が行われました。

その京都五山のうちの一つ万寿寺があります。
東大路通の東福寺バス停前に萬壽禅寺と書かれているのが当該の
寺院です。

山号は京城山、 ご本尊は阿弥陀如来坐像

白河天王の皇女郁芳門院の御所(下京区万寿字通高倉付近)を寺として
改めた六条殿が前身といわれております。

正嘉年間(1257~59年)十地覚空、その弟子東山湛照が東福寺の開山
円爾弁円に帰依し浄土宗から禅宗に改宗し、萬壽禅寺といたしました。
京都五山第5位に列したが永享6年(1434年)現在地にあった三聖寺に
移して再興されました。
伽藍は東福寺北大門の東北一体に広がっていましたが、1935年
京都市電の開通で東福寺の伽藍から分断されることになりました。

石柱

鐘楼門は国の重要文化財に指定されています。

山門

新緑がまぶしい境内は綺麗に整備されています。

本堂

通常は非公開で中に入ることはできません。

お庭
22 : 52 : 52 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<櫟谷七野神社 | ホーム | 西陣魚新>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/470-6aee9b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |