FC2ブログ
壇王法林寺
2012 / 05 / 16 ( Wed )
壇王法林寺

京の三条京阪駅の北側に「だん王」さんとして地元で親しまれている
壇王法林寺があります。

正式名は「朝陽山 栴檀王院 無上法林寺」という長い名前です。
元は天台宗に属し、蓮華蔵院と称していましたが、文永9年(1272年)に
望西楼了恵上人が浄土宗に改め、悟真寺と称したことにより始まります。

この悟真寺は永禄年間(1558~69)に焼失し、廃絶いたしましたが、
琉球から帰国した袋中上人が慶長16年(1611年)京都に入り、この地に
草庵を建立「朝陽山 栴檀王院 無上法林寺」と名付けました。
ご本尊は阿弥陀如来

この後を継いだ2世團王上人が寺院興隆に力を尽くされ、阿弥陀堂(本堂)
を建立され、人徳も厚く町衆信者との交流を深められ「だんのうさん」
として親しまれてきました。

袋中上人は中国へ渡り勉学をし、未渡の経論を持ち帰りたいと願いましたが
許されず、琉球に3年間滞在の後帰国いたしました。
その琉球滞在中にも布教に努め王からも深く帰依されたと言われています。

琉球の伝統芸能エイサー踊りにも袋中上人の念仏の教えの影響がみられる
とも言われています。

そんな影響もあってこのだん王さんには琉球の雰囲気が感じられるところが
多くあります。

石柱


駒札

山門は瓦葺の唐破風屋根の下に仁王様がおられます。

山門


仁王像 仁王像2


蹲

本堂は京都市の指定文化財になっていて、寛政3年(1750年)12世上人の
時に建立されました。
内陣には細かな細工が施され、荘厳を極めた造りになっています。

まただん王さんでは、猫は古くから主夜神様のお使いであるとされ、江戸中期
より主夜神様の銘を刻んだ黒色をまとった招福猫(招き猫)が作られ信仰を
集めています。
寺社関連の招き猫としては最古のものだともいわれているようです。

当山でお祀りされている龍神様は加茂川龍神、または八大龍神とも呼ばれ
晴雨を司り、日照りや水難から守ってくださると龍神様で、6月の第1土曜に
「龍神法要」が営まれます。

本堂

西の川端通りに面した「川端門」も京都市の重要文化財になっています。
明和3年(1766年)本堂再建の際、有栖川音仁親王の寄進により建立された
ものだそうで、主夜神堂へ続く門であるため朱塗の開運門と呼ばれています。

西門

日頃通り過ぎてしまうところではありますが、中に入ってみるといろいろな
発見があり興味深いものがあります。

19 : 49 : 05 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<上御霊神社 | ホーム | 鶴屋吉信>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/474-15a435c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |