FC2ブログ
白山神社
2012 / 05 / 28 ( Mon )
白山神社

京の町中、麩屋町通押小路下がるに白山神社というのがあります。

小さな神社ではりますが、由緒が面白い神社です。

鳥居

社伝によれば、平安末期、治承元年(1177年)高倉天皇の御代に加賀の国
白山社の僧徒が神輿三基を担いで強訴に及びました。

しかしその願いが聞き入れられなかったために担いできた神輿を放り出して
帰ってしまいました。

そこでこの神輿の一基をお祀りしたのが白山神社の始まりと伝えられて
おります。

ご祭神は菊理比売(きくりひめ)別名白山媛命(しろやまひめのみこと)
伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)

夫婦和合、家運繁盛、子孫長久にご利益があるそうです。

駒札

更に、後桜町天皇が歯痛で悩まされていた時、女官が白山神社の神箸と
神塩を受け、歯痛につければ忽ち平癒されたという故事にちなんで
歯痛快癒の神様として信仰を集めております。

又、幼児の食初めにこの神箸を用いれば無病息災の成長が叶うとも
言われております。

毎年9月19日に近い土・日曜日に例祭のお祭りが行われます。

本殿2
16 : 05 : 10 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<下御霊神社 | ホーム | 仏光寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/481-4655412b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |