FC2ブログ
雙林寺
2012 / 06 / 21 ( Thu )
十二薬師霊場 雙林寺


京の八坂神社の近くに十二薬師霊場の第7番札所の雙林寺があります。

またの名を東山薬師といい正式には「大聖歓喜天雙林寺」といいます。
山号を金玉山と称し、ご本尊は伝教大師が彫られたという薬師如来を
お祀りしています。

石柱

延暦年間(782年~805年)尾張連定鑑が伝教大師を開基に招じて創建
したのが始まりと伝えられております。
その後鳥羽天皇の皇女が入寺されたこともあって、広い境内は円山公園
から西行庵のある辺りまであり、多くの塔頭,子院を有しておりました。

中世に入って衰退していたのを応永年間(1394~1427年)に國阿上人が再興
し、時宗一派の本山となり、東山道場と称しましたが、応仁の乱によって
再び衰退いたしました。

明治になって円山公園が設置された時に多くの寺地を失いました。

駒札

本堂に安置する薬師如来坐像は最澄が刻んだといわれ、平安時代の作で
重要文化財に指定されています。

本堂

この地はかって西行、平康頼、頓阿などが庵を結び住していた所として
伝えられ、本堂南西に西行堂が建てられています。

又豊臣秀吉がこの辺りでお花見の宴を催したとも伝えられております。


頓阿法師塔
23 : 36 : 25 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<道祖神社 | ホーム | 竹の寺 地蔵院>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/503-b5049f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |