FC2ブログ
道祖神社
2012 / 06 / 23 ( Sat )
道祖神社

道祖神又は塞神(さえのかみ)とも呼ばれる神様は道路の魔を払い
道行く人をお守りする神様といわれております。

又村境や峠、辻、橋のたもとなどで疫病や悪霊を防いでくれる神様でも
あると言われます。

人間界と幽冥界の境を司るともされたようで、村の外れや鳥辺野への
堺、辻などにお祀りされて参りました。

その道祖神社が下京区松原通新町西入る藪下町にもあります。
小さな祠ですが地元の人々によって管理されています。

石柱

こちらの道祖神社には猿田彦命、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が
お祀りされています。

『今昔物語に』第20巻に「五条の道祖神」と記載されていたり、
『宇治拾遺物語』第1巻に「五条の斎」と記載があるようで、もともとは
五条の道祖神に由来するとみられているようです。
かっては五条天神社と地続きであったともいわれております。

鳥居

ご利益は旅人の守護神や首途の神様として信仰を集めていました。

本殿

道祖神社は上御霊神社の猿田彦神社や上京区幸神町の幸神社
七条のあたりにも、辻に面してお祀りされています。

地名

この松原通新町の角を「十念の辻」といわれ、江戸時代毎年12月20日に
六角獄舎から引き出された死刑囚を、五条河原の刑場(現在の松原大橋
周辺)へ引き回すにあたり、僧がこの辻で「南無阿弥陀仏」を唱えて罪人
を見送ったといわれております。

十念の辻1

死刑囚の最後をここの念仏で見送ったのは、古くからここに道祖神社が
鎮座していたことによるとも伝えられております。

十念の辻2



23 : 52 : 23 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<道元禅師荼毘の遺跡 | ホーム | 雙林寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/504-bc02b018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |