FC2ブログ
くずきり
2008 / 12 / 03 ( Wed )
行列ができる お菓子Ⅱ

 くずきり

かぎや3 かぎや

京都の八坂神社のすぐちかく四条通北側に”鍵善良房”という
くずきりで有名なお菓子屋さんがあります。

創業は江戸中期・享保年間(1716~1736)だとか、しかし鍵善の蔵の中から
寛永7年と慶応4年の上菓子屋仲間の「定め書」「申し合わせ書」「添證文」などが
見つかったとか、その歴史はさすが京都ならではと思われる。

ここの”くづきり”がいつも行列ができるほどの人気のお菓子です。


くずきり2 くずきり1


昭和の初期に信玄弁当の器を模して「くずきり」「黒蜜」を螺鈿製の器で
京の祇園に遊ぶ文人、墨客をはじめ通人、粋人と言われる人に好まれた
のが今の形になったそうです。

冷たく冷えたくずきりが喉越しよく ツルツルー と黒蜜の甘さとともに味わえます。

夏は殊の外おいしさも増しますが、年中おいしく、そして年中行列ができています。

鍵善さんの営業時間は午前9時半から午後6時まで(土日は午後7時まで)
       くずきりは900円でした。 ほかにも京菓子が販売されています。

22 : 33 : 04 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<堀川通り | ホーム | まねき>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/51-418df669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |