FC2ブログ
大連寺
2012 / 07 / 06 ( Fri )
蓮の花が見頃 大連寺

京の東山二条西入るに浄土宗の大連寺があります。
大連寺は慶長5年に深誉上人によって建立されました。

山門

ご本尊は阿弥陀如来。
大連寺の阿弥陀如来様は安産の寺に由来いたします。

その謂れは
第三代天台座主の慈覚大使が晩年比叡山の念仏堂にこもり修行の後阿弥陀如来を
彫っておられると夢の中で、「比叡山から下りて京に入り女人の厄難(お産の
苦しみを救いたい」とお告げがあったそうで、その阿弥陀様を真如堂に安置され
ました。 するとたちまち女性から圧倒的な信仰を集めるようになりました。

応仁の乱により真如堂が荒廃し、阿弥陀様は行方知れずになってしまいました。
大連寺の開山である深誉上人が伏見の町を歩いていた時、一軒のお堂の中から
光まばゆい阿弥陀様を見つけ、誰もお守りをしている気配がなかったので
慶長5年に大連寺を建立して、阿弥陀様を安置いたしました。

元禄年間に真如堂が復興され、失った阿弥陀様を探したところ、大連寺の阿弥陀
様がそれらしきことが判明し、幕府から返却するよう命じられました。

深誉上人は21日間念仏を唱え続け、成願の日の朝なんと阿弥陀様が2体に分かれ
ていたので、一体を真如堂に、もう一体を大連寺に安置した。
ということが現在迄伝えられているそうです。

安産阿弥陀如来

大連寺さまでは今、蓮の花が見ごろを迎えています。
その種類も多く大輪の花が咲き誇って、浄土の世界をあらわしています。

蓮


蓮2


小舞妃
小舞妃と名付けられています。


仏足蓮
仏足連

又、大連寺には、その昔祇園社(八坂神社の前身)の中に観慶寺(祇園寺)があり
大連寺の深誉上人が観慶寺の勧請をつとめたことで江戸時代には深い関係にあり
ました。 廃仏毀釈で観慶寺は廃寺となり、観慶寺に安置されていた薬師如来、
十一面観音が大連寺に移されたと伝えられています。
その十一面観音が洛陽33観音霊場の8番札所として受け継がれているそうです。

大八番札所

大連寺にはユニークな「走り坊さん」というお話があります。

現在のように交通が発達していなかったころはひたすら人力に頼って
いました。

お寺にお参りできない妊婦さんのために京都中を走りながら
「安産のお守り」を届けたそうです。
現在の宅配便のような役割を大連寺のお坊さんが担っていたそうです。

走り坊さん

健脚な走り坊さんにあやかった足腰健常のお守りも800円で授与されている
ようです。  今では走って届けては戴けません。

足腰健常のお守り
19 : 31 : 35 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<西芳寺 | ホーム | 大将軍神社>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/514-ac2c5dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |