FC2ブログ
西芳寺
2012 / 07 / 07 ( Sat )
西芳寺(苔寺)

京の世界文化遺産の一つ西芳寺は通称苔寺としてその名を
よく知られています。

西芳寺は今から約千三百年前聖徳太子の別荘として建立された
ものを聖武天皇の勅願により行基が畿内四十九院の法相宗の寺
として開山いたしましたうちの一つといわれております。

建武の兵乱で荒廃していたのを藤原親秀(松尾大社宮司)が
夢窓疎石を住持に迎え再興され臨済宗に改められ今日に至ります。

総門は現在通用門としては使われておりません。
参拝は西芳寺川を伝って山門から入山いたします。

総門

山門には「衆妙」という扁額が掲げられています。
西芳寺は、山号を洪隠山と号し、ご本尊は阿弥陀如来

山門

山門 扁額

山門の横の小門をくぐり中に入ります。
今は蓮の花が丁度見ごろを迎えています。
西芳寺の蓮は「大賀連」と名付けられていて、約2000年前の蓮種
で発芽させて育てられたもので通称二千年蓮ともいうそうです。

大賀蓮

昨夜来の雨で雨滴が葉の上にまだたまっていて、色鮮やかさを
増しています。

大賀蓮2

現在の本堂は昭和44年に再建されたもので「西来堂」といいます。

本堂

本堂にはご本尊の阿弥陀如来をお祀りされていて、内部の襖絵は
堂本印象画伯による抽象画が描かれ百四面からなるそうです。

この本堂で参拝者は先ず3000円の冥加金をお支払い後、般若心経の
写経をいたします。
参拝は相当人数の方がおられ、全員午後1時から約30分間位写経を
して後般若心経を3回唱和致します。
唱和が終わればご本尊の前で写経を納めお参りをして、庭園散策へと
続きます。

本堂扁額

庭園は苔寺といわれる由縁、境内一面苔に覆われていて、その種も
百二十余りもあり、一年で梅雨時が最も美しい時期といわれています。
今日はまさに絶好の機会でした。
庭園への通路から先ず観音堂へと続きます。


庭園へ

観音堂は藤原時代に彫られた観音菩薩がお祀りされています。

観音堂

観音堂の前には苔庭の中に小庵堂茶室があります。
二条中板様式のお茶室らしいですが、中は拝見することはできません。

小庵堂茶室2

庭園は下段の黄金池を中心に池泉回遊式庭園と上段は枯山水式
庭園で構成されていて国の史跡及び特別名勝に指定されています。


この黄金池は心から象られていて心字池とも呼ばれています。

黄金池1

黄金池はどこから眺めても池に木々が写し出され、一幅の絵の
ようです。自然が醸しだす風景の素晴らしさを感じます。

黄金池2

国の重要文化財に指定されている西芳寺の茶室は千利休の次男、
千少庵によってたてられました。
その遺跡として石柱が建てられております。
又岩倉具視公の旧蹟と書かれた石柱も建てられておいます。
どのような関係があったのかは説明にありませんでした。

千小庵遺跡 石柱

慶長年間(1596~1615年)千少庵によって建立された茶室は湘南亭
名付けられております。

湘南亭1

四畳半台目のお茶室でトユも自然素材の竹で作られています。

湘南亭2

開放的な広縁付の茶室は庭園と連続するように構成されていて、
天井は土塗でできているのが特徴ともいわれております。

湘南亭3

昔はこのように工夫を凝らした茶室で一服の茶を通して、朝に
昼に、夜に夫々の木々の息遣いを感じながら風情を楽しんだの
でしょうね。 優雅な世界です。

湘南亭4

湘南亭の前には石垣が作られていて、ここは船着き場であったのか
又は建物があったのでしょうか?

石垣

まるでビロードで覆うように木の根を苔が繁茂しています。
光が当たるとキラキラと瑞々しい苔が反射し、蔭の部分では
苔の緑が一層綺麗に見えます。

苔2

以前は黄金池に渡してある橋を巡りながら自然を観察されたの
でしょう。苔むした橋に足跡がみられます。

黄金池3-2

潭北亭と名付けられたお茶室です。
ここは通常のお茶席とは異なり、立礼式のお茶室だそうです。

潭北亭

こじんまりとした茶席は極少人数で楽しまれた茶室のようです。
壁にはいろいろな色紙のようなのが貼られていますが、よく読めません。

潭北亭2

円窓からは黄金池が眺められ、向こうには舟が浮かべられていました。
おの黄金池も舟で回遊されていたのでしょうね。

潭北亭3円窓

向上閣と書かれた門をくぐるということは禅の修行の第一関門
を潜るということだそうです。

ここから下段の池泉回遊式庭園から上段の枯山水庭園への境
となります。
門をくぐると49段の石段があり、険しい山路を表し、
禅の修行の厳しさを戒め、一段又一段のぼることにより悟りの
世界へ近づいていくといわれております。
この先に開山堂である指東庵があります。


向上閣

指東庵の右手が枯山水の庭園となっています。
左手には坐禅石が置かれています。

指東庵

枯山水庭園は約六百数十年前に夢窓疎石によって築かれた日本最古の
枯山水の石組であるといわれております。
この石組は上から三段構えになっていますが心眼でとらえるもので
あるとされ滝の流れる姿を現しているともいわれております。

枯山水

開山堂には眞如法親王の位牌と藤原親秀夫妻の像が正面に
安置されています。

位牌

又夢窓国師の像と行基の位牌も安置されています。

夢窓疎石

夢想国師が三週間断食修行をされたといわれる坐禅石があります。
今は苔に覆われていますが、三週間もの間ここで断食の修行を
されるということは生死にかかわる修行であったのではないで
しょうか?

座禅石

坐禅石の下には湧水がありました。

座禅石2

木の幹に出来た茸は光を浴びていました。

茸


流石に苔寺という名で親しまれている西芳寺の苔はその種類と
広さと色鮮やかさは素晴らしいものでした。

長く継承され幾世代も引き継がれていくことを願いたいです。
23 : 45 : 21 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<旧二条城跡 | ホーム | 大連寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/515-80f0284a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |