FC2ブログ
中堂寺
2012 / 08 / 31 ( Fri )
中堂寺

京の下京区大宮松原を西へ入ったところに中堂寺があります。

この辺りは西照寺、中堂寺、長円寺、善徳寺と多くの寺院が見られる
ところです。

この中堂寺村には六斎念仏が伝えられているところでもあります。

六斎念仏は小山郷始め京都中堂寺六斎会、嵯峨六斎念仏保存会と
京都の六斎念仏保存会に所属する保存会は14団体もあります。
その中で、念仏六斎は4団体、芸能六斎は10団体と分かれております。

中堂寺六斎会は風流化の強い芸能六斎といわれ、毎年4月29日には
稲荷大社お旅所、8月16日には壬生寺、8月24日は右京ふれあい文化館、
10月6日には伏見稲荷大社、などで奉納されております。


中堂寺は浄土宗西山禅林寺派に属し、ご本尊は阿弥陀如来

山門2 山門

平安期に延暦寺横川中堂の別院として創建されたとも、円仁の開創
とも伝えられております。
中世の状況は不明であるらしいですが、天正年間(1573~1592年)に
堀川高辻から現在地に移されたそうです。

本堂2

本堂

五輪塔

又この辺りは鎌倉時代地形的に低く、湿地帯であったため京郊農村となった
地域で洛中に供給する蔬菜類が栽培されていました。
なかでも当地で栽培されていた大根を「中堂寺大根」とよばれ、主に漬物用の
大根とされていました。

黒川道祐の近畿歴覧記『雍州府志』に東山大根として吉田辺でつくると
記されています。、
江戸末期以降聖護院大根の出現や産地の市街化によって中堂寺に移り、
現在は松ヶ崎辺りで栽培されるようになりました。
別名「茎大根」とも「南禅寺大根」とも呼ばれております。

中堂寺大根
22 : 03 : 04 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<長円寺 | ホーム | 京町家 秦家住宅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/541-89f4fdfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |