FC2ブログ
京都市 文化財防災マイスター
2012 / 09 / 28 ( Fri )
京都市 文化財防災マイスター

京都市南区上鳥羽に京都市消防活動総合センターがあります。

京都市消防活動総合センター

この京都市消防活動総合センターは「消防学校」「訓練施設」
「活動支援施設
」などが置かれていて、消防活動の拠点として平成18年から
工事が始められ平成21年に建設が完了し、全面運用を開始された施設です。

平成23年の東日本大震災では京都市をはじめ全国各地の消防本部で緊急消防
援助隊が編成され、四国、九州などの援助隊の中継点としてその役割を
果たしたところでもあります。

古都京の都はは多くの木造文化財を抱え、火災の危険率は非常に高いところ
でもあります。
そこで京都市では毎年50名を約10年間かけて500名を目標に文化財防災マイスター
の研修と普通救命講習を実施されております。

近年主要施設などにAED(自動対外式徐細動器)という心臓蘇生のための機器が
設置され、目にすることが多くなりました。
だがこの使い方を知る人がまだ少ないのが現状です。
そこでこの機器を必要とする時に素早く使用して一人でも多くの命が救えるように
と普通救命の講習会が消防活動総合センター始め自治体や団体で実施されています。

今回はその普通救命の講習と文化財防災マイスターの研修を受講して参りました。

火災報知機

京都市消防活動総合センターに展示されている「火災報知機」は昭和26年頃から
街角や文化財などに設置されていたものでボタンを押すだけで消防局へ火災を知ら
せるものです。 その後電話の普及により昭和48年に344基あった火災報知機の
運用が終了したそうです。 

消防車

展示の写真右側のものは「馬挽蒸気ポンプ車」
1884年製でロンドンシアントメイソン社のもので修学院離宮に配置され
ていましたが、明治34年(1901年)に始めて京都府上・下両区の火災消防組
配置されたそうです。
とても消防車とはおもえないモダンなものです。

左側は「シボレー消防車」
昭和22年京都帝国大学(現京都大学)に自衛消防自動車として配置され活躍
したもので平成元年に京都市消防局へ寄贈されたそうです。
1926年式シボレー車で総排気量2800CC、4気筒エンジン、水冷4サイクル

手漕ぎポンプ

昔から火災を知らせる手段としてとられてきた半鐘
火災の時は普段の時報やお寺の行事の時とは鳴らし方が違います。
村の手こぎで使用されてきた「龍吐水 木製腕用ポンプ)」です。

普通救命講習・・・心肺蘇生の流れ(一時救命措置)

倒れている人発見 ⇒ 周囲の安全確認をして倒れている人に近づく⇒
反応を調べる(肩に手をかけ大丈夫ですか 3回ほど繰り返し確認)⇒
助けを呼ぶ(119番通報、AEDの要請を行う) ⇒ 呼吸の確認(10秒以内) ⇒
呼吸をしていなくて人工呼吸をおこなえる時はただちに心肺蘇生法(胸骨圧迫)
両手重ねて腕を伸ばし、手の付け根で胸の真ん中(押してはならない場所は
みぞおちの突起している骨)を5cm沈む位の力で1分間に100回位の速さで
絶え間なく圧迫する。(一人では出来ないので応援を要請)⇒ 人工呼吸
できる場合は顎を持ちあげて気道確保し、500ccを2回ほど人口呼吸をする。
(人工呼吸は注意を要する。その人の既往症など確認できない)
⇒ AEDが到着したら手順(アナウンス)に従って行う(スイッチを押す時は
傍に人がいないことを充分確認すること)救急車が到着したら引き継ぐ。


防災マイスター(消火活動)
京都市の文化財火災の発生件数は
昭和23年から現在までで144件、その内放火が62件だそうです。
最近では寂光院の火災が記憶に新しいところです。

京都市では昭和30年に防火デーの制定、昭和48年には機構改革で文化財係の
設置など文化財を守ることに力を入れておられます。

消防学校でも皆さんキビキビとして、真剣に訓練に取り組んでおられます。
今回防災マイスターで実際に経験してみると、放水の水圧はとても強く
ホースも重いもので、しかも暗い、熱い、危険、と大変なお仕事であることを
実感いたしました。
お世話くださった先生方はそれぞれ実地訓練で身体を使って丁寧に説明くださり
頭のさがる思いをいたしました。

放水訓練

京都市民を守る消防署の活動は命が懸っている職業であるだけに、日常の
訓練は欠かせないものがあります。

火事を見つけたら
①廻りの人に知らせる。
②初期消火
③避難(安全なところに)
④応急救護
⑤要請に従って文化財搬出活動のサポート

日夜の消防局ご活躍に感謝し、火災には十分注意して生活したいものです。

12 : 50 : 25 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<赦免地踊り | ホーム | 聞香>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/546-763524dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |