FC2ブログ
河合神社
2012 / 10 / 20 ( Sat )
鴨長明 『方丈記』 800年記念

今年は賀茂御祖神社(下鴨神社」の摂社河合神社縁の鴨長明が
『方丈記』を執筆してから800年の記念の年を迎えました。

その記念展が今下鴨神社・河合神社で10月1日から12月16日迄
行われています。

鴨長明は久寿二年(1155年)下鴨神社禰宜長継の次男として
生まれました。
7歳の時下鴨神社の第6回式年遷宮が行われた際には神職の道に
つき従五位下に叙せられました。
幼少から学問に秀でて46歳の時には後鳥羽院から召されて院の
歌会や催しに和歌を献じることになり、和歌所の寄人に任ぜ
られました。 が、50歳の春宮中の席を辞して洛北大原に隠遁
いたしました。

その時『新古今和歌集』に
石川や 瀬見の小川の 清ければ 月も流れを たずめてぞすむ
十首菜録されました。

建暦2年(1212年)3月『方丈記』ついで『無名抄』を著した
長明は建保4年6月に62歳で没しました。

下鴨神社の摂社河合神社には鴨長明が隠遁生活を送った「方丈」の
模型が置かれていて、今多くの見学者が訪れています。

河合神社も開放的に改修されていました。

河合神社

本殿

鴨長明の方丈記は
長明が50歳の時全ての公職から身をひき大原に隠遁、その後世の無情
と人生のはかなさを随筆として著したのが『方丈記』であります。

「ゆく川の流れは絶えずして しかももとの水にあらず・・・」という
書きだしから始まるこの方丈記には厄災を克服して未来を切り拓いて
きた先人の姿を知ることができる作品であるといわれております。

そして今まさに方丈記が記された厄災が現代社会でも起こっている現状
はなにか先人の思いと重なるものがあるようにも思われます。

駒札

鴨長明が大原から各地を転々と流浪し、その落ち着いた各地を移動して
入る時に「栖」として仕上げたのが「方丈」であります。
組み立て式になっていて広さは一丈(約2.73坪)間口、奥行きも
一丈四方というところから「方丈」と名付けられたそうです。
その模型が河合神社に置かれております。

無駄を配した究極の簡素な造りがなされております。
この方丈の特徴は土台状のものが置かれて、その上に柱が立てられている
ことで、この土居桁の構造は下鴨神社の式年遷宮にあわせて移動を念頭に
おいた構築にヒントを得たものといわれております。

鴨長明の庵

下鴨神社の神福殿では800年を記念してスタジオジブリが描く乱世
と題して「定家と長明」展が、
研修道場では鴨長明『方丈記』の世界と題して長明自筆本や縁の品々が
展示されております。

神福殿

河合神社の絵馬は鏡になっています。
河合神社のご祭神玉依姫命さまは神武天皇の御生母で玉のように美しい
姿から美麗の神様と信仰を集めていて絵馬に自身で化粧を施し、外面
だけでなく内面的にも美しい女性になれますようにとのねがいをこめて
絵馬に託すという珍しい絵馬です。

絵馬

下鴨神社では他にも『方丈記』800年記念の連続講座も催されております。
近々では10月20日下鴨神社の新木直人宮司による講演や10月28日には
麻生圭子さんの講演なども行われております。

又下鴨境内では草月流の華展も行われていて、広い神社境内や糺の森一体
で力作が展示されていて、とても見ごたえのある立派な華展も楽しむことが
できます。


花展

花展2

花展3


21 : 56 : 50 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<観音寺 | ホーム | 十七烈士のお墓>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/554-1fc0779b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |