FC2ブログ
七草粥
2013 / 01 / 07 ( Mon )
1月7日は七草粥

新年も7日になると、昔から小正月と呼ばれ、お正月気分もそろそろ
終わり、平常の生活にもどります。

お正月の期間は祝膳や祝酒で弱った胃を休めるために、昔から7日は
七草粥を戴いてまいりました。

又、お節料理など青物が不足しがちなこの期間を「春の七草」で栄養
補給をするためともいわれております。

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ

と七種、今ではセットにされたものが販売されていて、摘む手間が
省けてととも便利です。

この七草粥は平安時代から行われていたようにも伝えられている、京の都
では古い食の伝統行事でもあります。


七草


寒いこの時期は、熱熱のお出汁が効いた(お酒少々、薄口醤油少々)中に
新鮮な青物の七草を入れた粥は何よりの御馳走です。

無病息災を祈願して、今年も七草粥を戴きました。


七草粥


19 : 47 : 36 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<三時知恩寺 | ホーム | 花街の始業式>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/564-ef171408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |