FC2ブログ
岩屋寺
2013 / 03 / 30 ( Sat )
京の桜前線 岩屋寺

京の山科区西野に赤穂の浅野内匠頭、大石内蔵助、赤穂四十七士
をおまつりする岩屋寺があります。

今境内に枝垂れ桜が満開を迎えています。

桜

岩屋寺は創建年代は不明とされ、従来は天台宗に属し、比叡山
三千坊の一つで、山号は神遊山と号します。
現在は曹洞宗に属します。

山門

本堂に安置されているご本尊の不動明王は智証大師の作とされ、
大石良雄の念持仏であったと伝えられております。

浅野内匠頭の刃傷以後赤穂城明渡しの後、大石内蔵助はここを隠れ家
とし、密かに討ち入りの謀議を巡らして討ち入りを果しました。

事が成就した後は内蔵助は田畑等一切を岩屋寺に寄進したそうです。

その後長い間荒廃していたのを、浅野長祚によって再興されたと
伝えられています。

本堂

内蔵助は事が成就してからでは四十七士の位牌を刻むことが出来ないと
事前に全ての位牌を準備して残したといわれ、それがこの岩屋寺に
同じ大きさで一人もかけることなくお祀りされ、毎年12月14日には
多くの参拝者を得て義士祭が行われています。

又このお堂の中に四十七士の木造が安置されています。

四十七士堂

春日燈籠は「桃中軒雲右衛門」が寄進されたものだそうです。

桃中軒雲右衛門とは明治40年代の日本の浪曲師

灯籠

境内の枝垂れ桜の下では家族でお花見にこられて、お弁当を広げ
お花見をされていました。

しだれ桜
22 : 37 : 15 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<< 哲学の道 | ホーム | 熊野若王子神社>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/595-3788855c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |