FC2ブログ
 哲学の道
2013 / 03 / 31 ( Sun )
京の桜前線 哲学の道

京の桜のメッカともなっている哲学の道は今年も見事に開花いたしました。

哲学の道とは左京区浄土寺から鹿ケ谷の東山山麓沿いに北流する琵琶湖
疏水分流の西側の小道を指します。

通常京都の地形は北に高く、南に低いので川の水は北から南へ
流れていますが、ここは特別に南から北へと流れています。

それは疏水分線であるため、蹴上から高低差をつけて流している
ためです。

北は銀閣寺橋から南は若王子橋まで2Kmほどの道のりです。

この小道ははじめは「文人の道」と呼ばれていました。
後に京都大学が近くにあり、哲学者などが好んで散策したので、この道を
誰となく「哲学の道」と呼ぶようになったという説や、哲学者西田幾多郎
や田辺元らが、思索にふけりながら散策したこの道を経済学者の黒田巌
という人が「哲学の小経(こみち)と名付けたともいわれています。

昭和になって京都市が「哲学の道」と名付け、「日本の道百選」にも選
ばれているところから多くの人が訪れる小道となっています。

桜1

この哲学の道には大正12年に橋本関雪画伯の夫人が桜を植樹されてから
桜の名所として知られるようになりました。
今では400本余りあります。

この桜を京では「関雪桜」と呼んでいます。

丁度今連翹や小手毬も満開を迎え、色とりどりで素晴らしい景色です。

桜2

お屋敷の塀越しに枝垂桜もながめることができます。

桜3

後一週間くらいすれば花吹雪が疏水の分流に浮かび又これも絵になる
景色を楽しむことができます。

土・日にもなると、細い小道は離合できない位になります。
この人混みが桜を痛めつけます。
木の根を踏みつけるため、年々桜の木が弱ってくるためです。

桜4

躑躅も艶やかな色で咲き出しました。

桜 躑躅

桜の木を傷めず多くの人に愛でて頂きたい絶景です。
双方叶えることは中々難しいですね。

桜5
22 : 31 : 09 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<八つ橋 | ホーム | 岩屋寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/596-34c5faa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |