FC2ブログ
白雲神社
2013 / 05 / 06 ( Mon )
西園寺家ゆかりの白雲神社

京都御苑内に西園寺邸跡と記された場所があります。

西園寺邸跡

西園寺邸跡と記されたすぐ近くに白雲神社があります。

御祭神は妙音弁財天称える市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
をお祀りしています。

石標

琵琶の名家として栄えた太政大臣西園寺公経の造営した北山殿には
妙音堂が第一に建立され、その風雅な様子は『増鏡』、『中務内侍日記』
『太平記』にも記されていると言われるものでした。

その後、同家の盛衰に伴い変遷があり、この妙音堂は赤八幡京極寺に鎮守
されたと伝えられております。

明和6年(1769年)前内大臣西園寺家の勅許により同家邸宅内(当地)
に妙音堂が再興されました。

天保11年(1840年)、安政4年(1857年)の社殿改築には禁中各御所
より寄付があり、御所祈祷所と定められ御所の弁天さんとも呼ばれる
ようになりました。

明治11年(1878年)神仏混淆により神式に改められ白雲神社となりました。

また明治から昭和にかけて首相、元老として近代日本の礎を築いた
西園寺公望が家塾「立命館」を開設したのもこの地であると言われます。

その立命館は現在衣笠山の麓に立命館大学として多くの学生が学んで
います。

白雲神社駒札

鳥居


本殿

京都御苑には市民の憩いの場として多くの方が訪れますが、一つずつ
その歴史をたどって注意深くみて廻るといろいろな変遷を窺うことが
できます。
22 : 43 : 36 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<abbesses(アベス) | ホーム | 西園寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/600-826f5d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |