FC2ブログ
五辻の常夜灯
2013 / 06 / 26 ( Wed )
西向日 五辻の常夜灯

かって西国街道に沿った向日町の町並みは京都から西山の社寺へと参詣する
人々で賑わってきました。

現在の向日町の五辻から”滝ノ下”へと続く坂道は江戸時代には西山道
梅ケ坂と呼ばれ、善峰寺や光明寺へ通じる参詣道であったといわれております。

五辻のいわれは江戸時代西国街道に沿ったこの場所は四方にに道が伸び
四辻といわれておりました。
昭和7~8年頃に新道ができて以降五辻と呼ばれるようになったそうです。

五辻といわれるところはまさにあちらからも、こちらからも道が伸び車が
いろんなところから交差して行き交います。

西向日常夜灯

街道沿いの家並は昔の面影を思わせる出格子、白壁があり趣が残されて
おります。

街道沿いの家並

石柱の標識にも右は善峰寺、左は長岡、山崎、大阪方面と書かれていて
現在のようにスピードが出る車では道に迷いそうです。

標識

この五辻に大きな常夜灯が建てられております。

幕末の慶応元年(1865年)に楊谷寺(柳谷観音)へ参詣する講の一つで
ある千眼講によって建てられたといわれる名燈籠だそうです。

江戸時代終わりころから眼病によく効く水が楊谷寺にあるといわれ楊谷寺へ
参詣する人々が増え、京都から向かう「柳谷道」の起点となるこの地に一対
の大きな石燈籠が建てられました。

その後新道が建設され移転致しましたが、近年そのうちの一基が元にあった
この場所に往時の佇まいを残して復活されたそうです。

常夜灯

昔の人々にとって燈籠は道路や町の起点として目安にし愛着を感じていた
もので、その名残を感じ町のシンボルとして残されていくといいですね!
17 : 03 : 06 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<南真経寺 | ホーム | 石塔寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/620-fa2686b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |