FC2ブログ
南真経寺
2013 / 06 / 29 ( Sat )
西向日 真経寺

西向日編3は南真経寺です。

山号は鶏冠山と号し、十界曼荼羅を主導とする日蓮宗のお寺です。

創建は鎌倉時代末の徳治2年(1307年)とされています。
初めは真言宗のお寺でありましたが、住持実賢が日蓮の弟子日像の教化に
より改宗し、寺名真言寺の真と日像上人の幼名経一丸の経をとって真経寺と
改められ、関西における最初の日蓮宗の寺となったと伝えられております。

江戸時代の承応3年(1654年)に真経寺は二つに分けられ北真経寺
壇林(寺の学問所)に、南真経寺は鶏冠井村民の信仰の場となりました。

南真言寺1

開山の日像上人は宗祖日蓮聖人の帝都に日蓮宗の布教をせよとの遺命を受け
鎌倉時代末期に上洛いたしましたが、他宗派からの迫害を受けしばしば京都
から追放されました。

徳治2年頃には乙訓郡大山崎付近に留まり布教活動をしていたとされています。

真経寺は本堂よりも開山堂の方が伽藍は大きく寛永11年の建立とされています。

南真言寺開山堂

開山堂の扁額「真経寺」は本阿弥光悦の筆によるものだそうです。

真教寺扁額

本堂は正徳4年(1714年)に建立されたものだそうです。

寺宝の尊性親王の手紙の裏に木版で法華経を印刷した開結共十巻は
国の重要文化財に指定されています。

これは当時の政治情勢を知ることのできる手紙であるとともに
木版刷りの法華経を当時のまま伝える珍しい例であるといわれております。

南真言寺本堂

真経寺の近く向日神社の参道前に日像上人が石に座って説法された
と言い伝える「説法石」がお祀りされています。

説法石1

説法石2

この辺り鶏冠井町に伝わる鶏冠井題目踊りは京都府の無形文化財に
指定され今も踊り継がれています。
21 : 06 : 59 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<向日神社 | ホーム | 五辻の常夜灯>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/621-7eeadef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |