スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
向日神社
2013 / 07 / 03 ( Wed )
向日神社

向日町に鎮座する向日神社は古くは延喜式神明帳に記載される式内社
山城国乙訓郡「向神社」と称されました。

創建は養老2年(718年)、六人部氏が当地を賜ったことにより始まる
と伝えられております。

ご祭神は向日神、火雷神(ほのいかずち)、玉依姫命、神武天皇を
お祀りされています。

もともと向日神を祀る上社と火雷神を祀る下社がありましたが、中世初期
に下社が荒廃し、上社に合祀されたと伝えられております。

上社は五穀豊穣を、下社は祈雨・鎮火の神として朝廷の信仰を集めていたと
古書に多く記載されているようです。

六人部(むとべ)家は古代以来向日神社の神官として連綿たる由緒ある家で
あるといわれております。

向日神社石柱

鳥居から参道が長く続き、桜並木が今は新緑でとても綺麗です。

江戸時代後期には乙訓の桜の名所の一つにもなったといわれる桜並木
で文政5年(1822年)神官の六人部是香氏が参道の両側に桜を植樹し
桜の名所となったようです。

向日神社鳥居

向日神社扁額

参道脇には「さざれ石」が置かれています。
君が代の歌にうたわれている「さざれ石」は下鴨神社にも置かれています。

向日神社 さざれ石

現在の本殿は応永25年(1418年)の建立されたもので、覆屋、透塀に
囲まれ幣殿と拝殿を連結して権現造りのような作りで、三間社流造の
檜皮葺は重要文化財に指定されています。

向日神社本殿

また、明治神宮本殿造営の際にはこの向日神社をモデルにされたと
いわれております。

拝殿内部も重厚で神聖なる場を感じさせられます。

向日神社本殿内部

拝殿内部の板戸には四季の花鳥が描かれています。

向日神社 板戸1

向日神社板戸3

向日神社板戸2

向日神社板戸4

舞殿は近年㈱安井杢工務店によって再建されました。
小組折上げ格天井は非常に細かく緻密な技術が施されております。
安井杢工務店さんは京都迎賓館の建築にもかかわっておられ、現代数寄屋
造りの由緒ある工務店さんです。

向日神社舞殿

向日神社に伝わる四百年あまりの歴史を持つ祭礼に「年頭祭」「索餅祭」
があります。
その昔、下克上のころ農民たちが諸豪族に土地を奪われないように
田地を神社に奉納し難を逃れました。

その後世情が落ち着いてきて、施入していた田地をまた戻してもらい
神に感謝するためそれぞれ組織を作りました。これが「座」の始まりで
あり、その座の行う祭りが「年頭祭」「索餅祭」であり、連綿と受け
継がれてきているようです。
その組織はすごい力と結束をもっていたようです。
18 : 54 : 53 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<元稲荷古墳 | ホーム | 南真経寺>>
コメント
----

はじめまして(_ _)
京都の神社をググッてて、
こちらに辿り着いた者です。

向日市にこんな趣深い神社があるなんて
知りませんでした(○_○)!!
2駅隣に住んでますので、
今度行ってみます♪

私もブログを書いてまして、
中身はあってないような
おしゃべりみたいなブログです(笑)
気が向いたら見てみて下さい。
ちなみに私が行く神社は、
ほぼ『ちはやふる』と
百人一首絡みのとこです。
by: まかろん * 2013/07/06 04:57 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

> はじめまして(_ _)
> 京都の神社をググッてて、
> こちらに辿り着いた者です。
>
> 向日市にこんな趣深い神社があるなんて
> 知りませんでした(○_○)!!
> 2駅隣に住んでますので、
> 今度行ってみます♪
>
> 私もブログを書いてまして、
> 中身はあってないような
> おしゃべりみたいなブログです(笑)
> 気が向いたら見てみて下さい。
> ちなみに私が行く神社は、
> ほぼ『ちはやふる』と
> 百人一首絡みのとこです。


まかろんさま

京の畦道にお立ち寄り頂きありがとうございます。
向日町辺りはあまり知られておりませんが、
長岡宮跡遺跡や、由緒ある社寺があり、私も訪れてみて
再発見いたしました。
とてもいいところです。 京都は奥深いですね!

ちはやふる神代もきかず竜田川・・・在原業平朝臣

またお伺いさせていただきます。
by: カンナ * 2013/07/06 10:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/622-440f8c3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。