FC2ブログ
スイスの旅
2013 / 08 / 03 ( Sat )
スイスの旅 №3

3日目、4日目のツェルマットのホテルからは素晴らしいマッターホルン
が見られるお部屋とそうでないお部屋に分かれるため、添乗員さんは気を
使って頂いて公平になるように抽選ということでお部屋が決まりました。
それでもこのホテルからはどこのお部屋もいい景色が見られます。

3ブリストルホテル

私たちのお部屋から早朝に眺めることができるマッターホルンの朝焼け
です。時間とともに山頂が赤く染まります。
居ながらにして素晴らしい景色です。

今日の予定は7時50分ゴルナーグラート駅に集合して登山鉄道で
マッターホルン観光です。

3マッターホルン

3089mゴルナーグラート展望台から3131mのマッターホルンの雄姿
を眺めながらハイキングです。リッフェル湖からは逆さマッターホルン
を眺めることができます。
快晴の素晴らしい景色が広がります。

このスイスでは日本の方が現地観光案内をされています。
季節的にこのガイドをされているようで、今回の方は画家でもあり
ガイドでもありとか、こんなに遠くでガイドをされていることに
驚きでもありました。
別の方はスイスの後はニュージーランドでガイドをしますという
方もおられました。まさにグローバルな日本人です。

3逆さマッターホルン

山上レストランは沢山の観光客で賑わっております。
こんなに標高の高いレストランは資材を運ぶだけでも大変なのに!

3山上レストラン

昼食はお肉料理にポテトがついています。
比較的あっさりとして美味しく頂きました。

3昼食

お昼すぎから3882mのクライネマッターホルンへとオプションで
向かいます。

エレベーターで上がります。
ここからはイタリア側と乗り場が分かれます。
3883mといってもあっという間に山頂へと到着いたします。
スイスの山頂ゴンドラやリフト、エレベーター工事はどのように
して行われるのか素晴らしい技術です。

3クライネマッターホルン1

ゴルナー氷河はまぶしいです。
目をいためるので必ずサングラスが必要と言われていたことが
まさにその通りです。

3ゴルナー氷河

山頂3883m到着の記念です。
幸い高山病にはかかりませんでしたが、それでもゆっくり、ゆっくり
歩かないと胸が苦しくなります。

3クライネマッターホルン4

町の教会に入れていただきました。
今日は結婚式があった直後なので教会も開いていたのです。
ステンドグラスも綺麗な素敵な教会でした。

3教会

散歩のワンチャンも最近の暑さ(30℃)でたまらなく噴水で
気持ちよさそうに水浴びをしていきました。スイスはおおらかですね

3犬

町中には物資を補完したりするペンションのような建物が立ち並ぶ
通りがあります。

そこには独特の建築様式で鼠取りと言われる珍しい建物があります。
石を土台に据え床上げがなされて風通しがいい建物です。

3鼠とり1

ちょっと通りを入るとこのような珍しい建物群がある町並みをみる
ことができます。

3倉庫街
21 : 57 : 38 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スイスの旅 | ホーム | スイスの旅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/626-65bac131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |