FC2ブログ
スイスの旅
2013 / 08 / 09 ( Fri )
スイスの旅 №5

スイスの旅もいよいよ終盤です。

朝8時30分シャモニーのアルピナホテルを出発ヨーロッパ最高峰の
モンブラン観光です。  徒歩にてエギュードゥミディーの
ロープウエイ乗り場へ。

5シャモニ アルフィナホテル

今朝はロープウエイの調子が悪く遅れているようです。
前半半分くらいまでは鉄柱が支えていますが、後の半分はロープだけで
上がっていきます。

下は崖っぷちの山肌が広がります。風がふけばそれは大変です。
私たちが頂上に上がってからロープウエイは少し途中でストップして
していました。(恐ろしい! 恐ろしい!)

スイスのロープウエイ事業は本当にすばらしい!

5ゴンドラ

エギューデゥミディー山頂の展望台は3842mです。
さすがに空気が薄い。展望台を上がるにはゆっくりゆっくりでないと
階段を上がる度に息が苦しくなります。

5エギュードミディー展望台2

展望台からの眺めはまことに絶景です。
パノラマで眺めることができるヨーロッパの名峰連山です。
鋭くとがった山頂は神秘的です。

5エギュードミディー展望台


5展望台からの景色

モンブランには朝日が輝いています。
氷河は山肌を包み、人をよせつけない感がいたします。

5モンブラン

エギュードゥミディー展望台の隣の山頂で登山の試行中です。
一つずつ確認しながら慎重に慎重に進めます。

5登山

エギュードゥミディー山頂から氷河登山をされているパーティーが
何組かありました。

登山家には答えられない体験でしょうね!
この先はどのあたりまで進んでいかれるのでしょうか?

5氷河登山

展望台から氷河の上に立つことができるトンネルです。
気を付けないと下は凍っているので転びやすいです。
私たちのパーティーでも転んでしまった方もおられました。
幸い事故もなくホットいたしました。

5氷河

あんなに高い(3842m)展望台からは数分で上がり降りする
ことができます。

耳が”キーン”と痛くなります。

午後は美しいレマン湖畔へドライブです。
ネッスルの本社はここモントーレにあるのでした。

とてもきれいな大きな社屋です。

5ネッスル本社

レマン湖畔にあるシヨン城です。
シヨン城は12世紀初期にサヴォワ伯爵の領地となり、サヴォワ家
ピエール二世の時代に、建築家ピエール・メニエによって現在の
規模と外観を持つ建物となったそうです。現在は住居として使用されて
いるようです。
中には地下貯蔵室、牢獄もあり、
ジュネーブ独立側に加担したため囚われの身となったジュネーブの
サン・ヴィクトル小修道院長ボニヴァールは、ここの入口から5番目の
柱に4年間、鎖で繋がれていた。
1536年3月29日、スイス人によって解放されたが、数世紀を経た
後にここを訪れた英国の詩人バイロン(3番目の柱にその名を刻みつけている)
の試作にうたわれ、その名は不滅となりました。
窓はほとんどなくなかは薄暗い建物です。

5シオン城

世界遺産に指定されているラヴォー地区です。
レマン湖を見下ろす丘陵はぶどう畑が広がります。
スイスのワインは生産量がそれほどおおくないのでほとんどは国内で
消費されているそうです。

5ブドウ畑

ブドウ畑では丁度枝の刈込が行われていました。
あまり背を高くしないで収穫しやすい高さに整えられます。

5ブドウ畑刈込

個人のワイナリーもみられます。
とてもきれいにお花で飾られたそばにはブドウの木が茂っています。
素敵なお宅です。

5個人ワイナリー

スイス最後の夜は世界遺産のベルン旧市街にあるレストラン
にて郷土料理を楽しみました。

このレストランは昔穀物倉庫であったものだそうです。
壁面には素晴らしい絵画を見ることができ、雰囲気のいい
レストランです。

5レストラン

郷土料理ベルナーフラッテです
最初は前菜のサラダが出てまいります。

スイスは山岳地なので野菜はそれほど収穫できません。
日本のように贅沢にはつかわれません。

5サラダ

お肉料理・ポテトです。
子羊のお肉は柔らかいお肉でした。

5お肉料理

フルーツ数種類あり色取りもきれいです。
キ-ウイー、パイナップル、オレンジ、スイカ等です。

5フルーツ

スイス最後の晩餐は豪華版です。

22 : 42 : 22 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スイスの旅 | ホーム | スイスの旅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/628-21c548d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |