FC2ブログ
出水の七不思議
2013 / 09 / 10 ( Tue )
出水の七不思議 №2 福勝寺 


出水の七不思議の二つ目は福勝寺の「左近の桜」
福勝寺は真言宗善通寺派に属し、山号は竹林山と号します。
ご本尊は薬師如来

福勝寺は洛陽三十三所観音巡札所の第29番札所にも数えられております。

もともとは河内国古市郡に創建されたもので正嘉年間(1257年~59年)
に京都に移されたと伝えられております。

皇室との関係も深く後陽成天皇の勅願所となったそうで、土塀には
門跡寺院を表す五線の定規線がつけられております。

又もう一つ通称で「瓢箪寺」とも呼ばれております。

豊臣秀吉が出陣の際に武運長久を願って旗印の千成瓢箪を奉納した。
その威徳を感謝して、寺領を寄進したことから「瓢箪寺」と呼ばれる
ようになったとか。

福勝寺の山門は節分の日のみ開門されます。

その節分の日には弘法大師が中国で学ばれた、貧苦の衆生を救済する
秘法と言われる「如意宝球の修法」という法要が行われ、「千成瓢箪」の
お守りが授与されます。

この千成瓢箪のお守りが大層評判になり全国から大勢の方が列をなして
開門前に並ばれるようになって、現在は予約制になっているそうです。

このお守りはなんと10,000円もするそうで大層なご利益があるのでしょうね。

その福勝寺の山門は節分の日にのみ開門されることになっています。


福勝寺


福勝寺 紋

福勝寺の七不思議は「左近の桜」です。

後西天皇が左近の桜を分枝してこの福勝寺に植えられたという「九重桜」が
有名でした。

残念ながらその「左近の桜」は昭和の初めに枯れてしまい、現在本堂前に
あるのは2代目の桜だといわれております。

来年の春には是非由緒ある桜を拝見したいものです。

福勝寺 九重さくら
22 : 12 : 07 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<出水の七不思議 | ホーム | 出水の七不思議>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/632-db23af19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |