FC2ブログ
出水の七不思議
2013 / 09 / 18 ( Wed )
出水の七不思議 №7 光清寺


出水の七不思議の七番目は光清寺の「うかれ猫」です

光清寺は正しくは心和山 光清禅寺と称します。
臨済宗建仁寺派に属し、ご本尊は聖観世音菩薩で慈覚大師の作と伝えられて
おります。

光清寺は寛文9年(1669年)に伏見宮邦永親王が御生母の菩提寺として
聚楽地に建立されたそうです。
伏見宮家の縁故により宮準門跡に列せられていて土塀には門跡寺院の
五線が入れられております。

又明治の元勲岩倉具視家の菩提寺でもありお墓もおかれているそうです。



光清寺

玄関前のお庭は昭和の造園家重森三玲の作庭で「心月庭」と名付けられて
おります。

白砂台に石組された小さな庭は金閣寺垣で囲われていて萩の花も
もうすぐ咲きだすとてもきれいな前庭があります。

光清寺 前庭

山門を入ったところに伏見宮邸より移されたとされる鎮守社の弁天堂が
建てられております。

この弁天堂の北側の壁にには「猫・牡丹・蝶」が描かれた絵馬が掲げられて
おります。

この「猫・牡丹・蝶」の図柄は古来から富貴と長久を表す吉兆の図柄と
いわれております。

昔は出水の辺りはお寺以外は畑が広がり夜にもなると真っ暗になりました。
江戸時代後期になりますと、北野社や愛宕参りのお客を目当てに茶屋が
次々と開かれ、琴や三味線の音が聞こえてくる賑わいを見せていきました。

そんなある夜、弁天堂のありに三味線の音にあわせて歌声が聞こえてくると
そこで白衣をまとった天女が舞っていました。

通りがかった人が驚くと、天女の姿がパット消えて、そのあとに真っ赤な
口をあけて、金色の目を光らせた猫が一匹うずくまっていました。

以来夜が静まり三味線の音が聞えだすと猫が絵馬から浮かれだし、女性の
姿になって踊り始めるので大騒ぎとなりました。

そこで時の住職が法力で浮かれ猫を絵馬に閉じ込めてしまいました。
また絵馬に金網をかけ閉じ込めたともいわれてます。

すると衣冠束帯に威儀を正した武士が住職に「私は絵馬の猫の化身だが、
あなたに封じ込められたので不自由で耐えられない。今後は世間を騒がす
ことを決してしないので許してもらえないか」と嘆願しました。
住職は哀れに思い封を解いた。

という伝説が伝えられていて、出水の七不思議のもっとも代表的なお話
として伝えられております。

光清寺絵馬2

その絵馬は現在も原本は痛みがはげしくなってきたので本堂に、その複製
(写真)が弁天堂に仏および学問の守護として掲げられております。

なお光清寺様は拝観寺ではないので自由に拝観はできません。
事前に拝観の申し出をして、許可を頂いてから拝観できます。


21 : 37 : 30 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<女紅場跡 | ホーム | 出水の七不思議>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/637-f873b3a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |