FC2ブログ
七草
2009 / 01 / 07 ( Wed )
七日七草 
            
                 七草


  セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロ 春の七草

冬越しのこれらの七草には全てに薬効があり、古くからお正月の七草粥として食して
まいりました。

もともとは中国から伝来したもので、平安時代は七穀(アワ、ヒエ、キビ 小豆等)の粥
を食していたようですが、七草として庶民が親しんだのは南北朝時代ともいわれております。

平安時代の資料に武家の党首が神棚の前で七草を刻んで七草粥を作ったという資料も
残されているようです。


この七草を刻むときに

 ”唐土の鳥が 日本の国に入らぬ先に 春の七草” (歌はそれぞれ若干違うようですが)

と歌い囃子ながらまな板を大きな音をたてながら刻むと災いや病気、邪気をはらうことが
できるといわれ、昔からこの歌を歌いながらみんなで七草を刻むのです。

お粥はインド、中国、韓国、タイなど夫々世界でも非常に好まれていて、味付けも国々の
特徴がありますが、

特に日本の粥は仏教との結びつきが深く、禅宗では毎朝お粥、ゴマ塩、沢庵といった
究極の食事の形をとります。

お経の中にも「粥有十利」というのがあり、お粥には10の利点があるといわれております。
食するとすぐにブドウ糖、グリコーゲンとして吸収も早く活力となるのです。

      七草粥2


今年も健康で一年が恙無く暮らせますようにと祈りながら七草粥を戴きました。

16 : 43 : 45 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<えべっさん | ホーム | 上七軒>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/64-6605a291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |