FC2ブログ
大岩邸
2013 / 10 / 28 ( Mon )
高瀬川源流庭苑 大岩邸

木屋町の二条から流れる高瀬川は、角倉了以によって作られた運河で、
鴨川から取水されています。

鴨川から取水された水は、慶長16年角倉了以によって作られた別荘跡の庭園を
くぐって再び姿をあらわします。

この角倉了以の別荘跡はその後山縣有朋の別荘、第2無鄰菴となり、
第3代日本銀行総裁の川田小次郎の別荘、阿部市太郎の所有を経て大岩邸となり、
現在はがんこ二条店となっております。

この別荘は第7代小川治平衛の作庭で回遊式庭園はとても素晴らしいです。

石柱


駒札

鴨川からの取水口から流てきた水はさざれ石が敷かれた上を流ていきます。
さざれ石は水音をよく響かせる性質をもっているので小川を思わせます。

鴨川取水口

清流

大岩氏の所有になってからは燈籠や巨岩を用いた滝などが配置されるように
なり、当時から残されている燈籠は4つだけのようです。

ひときわ大きな燈籠は日本一大きな燈籠で吾妻屋燈籠と名付けられています。
高台にあり、移りゆく庭の景色を楽しむためのものでしょうか?

巨大灯篭

一枚板の滝は東山から高瀬川が滝のように流れるイメージで作られたそうです。

滝

おばけ燈籠と名付けられたこの燈籠は自然石を組み合わせて作られた
そうです。 なんとも不安定な形をしておりますが、これがまた夜景
には一際面白味があります。

灯篭3

庭園の一部茶室の辺りは小堀遠州の作庭のようです。
豊臣秀吉が好んだ金の茶室と同じ形式の茶室でにじり口はなく貴賓口が
設けられております。

茶室

茶室前にある蹲はこの庭園では一番古い燈籠と蹲のようです。

蹲

こちらの燈籠も了以の別荘当時のものだそうです。
苔むした風情が醸し出されております。

灯篭2

たがそでの蹲と名付けられ、着物の袖の形をしているところから
名付けられたそうです。

手水鉢

そろそろ紅葉が始まりかけて、庭園のもみじも化粧待ちというところでしょうか?
最盛期には真っ赤に色づき、町中の紅葉の見どころでもあります。
19 : 43 : 48 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<知恩院 | ホーム | 元立誠小学校>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/642-fbd94496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |