FC2ブログ
晩秋の近江路 永源寺
2013 / 11 / 30 ( Sat )
晩秋の近江路 永源寺

晩秋の近江路、紅葉を求めて永源寺へ。

永源寺は愛知川の渓流に沿って、方や瑞石山に挟まれた静かな佇まいの
中にあります。

現在は臨済宗永源寺派の本山となっています。

室町時代の初め康安元年(1361年)近江の領佐々木氏頼が寂室元光禅師
を迎えて創建されたと伝えられています。

創建当時は後光巌天皇や足利義満に深く崇信され多くの寺領を寄進され
ましたが、戦国時代の兵火によって焼失しました。

寛永20年(1643年)御水尾天皇や彦根藩井伊家の帰依を受け再興
され現在にいたります。

この永源寺は秋の紅葉の名所として多くの参拝者が訪れます。

山門

総門から山門をくぐると辺り一面の紅葉に迎えられます。
11月の終盤になりますと紅葉は木々にとどまらず、庭一面にも
燃え立つような絨毯が敷き詰められます。

山門は寛政7年(1795年)井伊家の援助により7年の歳月を費や
して建立されました。
楼上には釈迦牟尼仏、文殊菩薩、普賢菩薩、十六羅漢を安置
されているようです。
とても立派な楼門です。

楼門

楼門から本堂へ、
本堂の屋根は琵琶湖の葦で葺かれ国内屈指の葦葺きとされています。
明和2年(1765年)やはり井伊家の援助により再建されたものだそうです。

紅葉1

ご本尊は世継ぎ観音菩薩がお祀りされています。

子宝、安産祈願、後継者祈願などにご利益のある仏様といわれております。

ご本尊

本堂の襖絵


本堂襖絵2


本堂襖絵

日当たりのいい木々は晩秋の最後の紅葉が見られます。

常緑樹と黄葉、真っ赤な紅葉とそのグラデーションが青空に映え
とてもきれいです。

紅葉2


紅葉3


紅葉4

茶筅塚もありました。

茶筅塚

葦葺きの屋根と真紅の紅葉はまさに古刹の色模様です。

紅葉5

ここのところの急激な冷え込みであと1週間位で今年の紅葉も
見納めとなりそうです。

22 : 10 : 35 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<湖東三山 百済寺 | ホーム | 京丹波の 普済寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/650-3c9d34b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |