FC2ブログ
はし長
2013 / 12 / 10 ( Tue )
京料理 はし長

このたび、日本料理が世界無形文化遺産に指定されることになりました。
とりわけ京料理がその位置づけを大きくしたことは快挙であります。

目で味わって、味覚で味わって、五感で味わう京料理は本当に美しく、
美味しく、満足を与えてくれます。

これからは、よりプライドを持って最近報道を賑わしている誤表示の
食材、調理のないように心していきたいものです。

美味しいものを頂くとき、会話がはずみ幸せな気持ちにしてくれる
至福のひとときは最高な時間です。

今回は「はし長」のお料理をご紹介いたします。

はし長は京の真ん中、東洞院蛸薬師を東へすぐのところにあります。
ビルの1階で、こじんまりとした割烹のお店です。

瀬戸内の新鮮なお魚と大原の地場野菜を使ったこだわりのお料理です。

看板 店舗

前菜は松前づけ、、だし巻き、ごぼう、とまと等が
盛合されています。

ごぼうはお味がしっかりと染み込んでカリカリと歯ごたえもよく
山椒の香りととてもよく合います。
トマトも味付けされていてとても美味しくいただきました。

前菜

九条ねぎの真薯の椀ものです。
お出汁の味がやさしく、ほのかに香たつかいわれと上品なお味です

椀物

鯛のとろろポンズ和え
鯛のお刺身にとろろが乗せられていて、ポンズ味で戴きます。
よくかき混ぜて頂くととろろが鯛にからみついて、”つるん”とした
口当たりで食べやすいです。

鯛のとろろポンズ

銀タラの塩焼き
焼き加減がよく、魚好きのひとにとってはきれいに骨だけを残して
食べ切れる一品です。
下に尾っぽのところが素揚げになっていて、ふわふわと柔らかくて
美味し一品でした。

銀タラ

わかさぎのから揚げ
南蛮風味でさっぱりとしたお味でした。

わかさぎ

むかごの実の花蒸し

むかごの実が沢山入っていて、冬には熱々で体が温まります。
わさびが一層香りと味をひきたててくれます。

蒸し物

ちりめん山椒をご飯にまぶして、あっさり漬けでお茶漬けにもよし、
そのままもよし、赤だしで満腹、万福です。

ごはん

デザートはほうじ茶のゼリーに苺、ミルクです。

ほうじ茶の香りがして甘すぎず食後にやさしいお味です。

デザート

どのお料理も旬の素材を生かして、味付けもやさしく、自然の味をだした
美味しいお料理でした。

お手軽に京料理を楽しむ隠れた割烹のお店です。
事前予約で075-212-3303です。
21 : 52 : 40 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<和食  | ホーム | 湖東三山 西明寺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/654-453eb5dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |