FC2ブログ
冬至 かぼちゃ
2013 / 12 / 23 ( Mon )
冬至のかぼちゃ供養 矢田寺

12月22日は冬至の日にあたります。
一年で太陽の位置がもっとも低くなる日、つまり一年で一番日中が短く
なる日です。

夏至の日暮れからみれば2時間はゆうに短くなります。

寒さとともに冬至のころは家路を急ぎたくなる心地がいたします。

冬至には京の都では「ん」のつくものを七品食べると運が向くといわれて
きました。

人は「運」「根」「鈍」の三拍子そろって初めて出世するということから
その「ん」にあやかって「ん」のつくもの七品を食べると運が向くという
ことです。

きんかん、なんきん、ぎんなん、にんじん、うんどん(うどん)、
れんこん、かんてん、

特になんきん(かぼちゃ)はビタミンやカロチンが豊富で風邪予防
や中風予防に効果があり保存がきくことからことから、この冬至の日
にかぼちゃを戴く風習が生まれてきました。

先人の生活の知恵です。 食に医薬ありです。

今日23日は寺町三条の矢田寺でかぼちゃ供養が行われました。

矢田寺

矢田寺は浄土宗のお寺で、もとは綾小路新町西入るにありましたが、
豊臣秀吉の都市計画により寺町通に移されました。

ご本尊の地蔵菩薩は開山の満慶和尚が地獄で出会った地蔵の姿を
彫らせたものといわれ、代授苦地蔵とよばれ、地獄で人々を救って
下さるお地蔵様として多くの信仰を集めています。

お盆には六波羅蜜寺の「お迎え鐘」にたいして、矢田寺では
8月16日にはお精霊さんを送る「送り鐘」として多くの
人々が鐘をつきにお詣りされます。

その矢田寺では毎年冬至の日の近く23日に「かぼちゃ供養」が
午前10時から行われています。

朝はやくから寺町通には長蛇の列ができます。

かぼちゃ供養

今年もみごとなかぼちゃが奉納されていました。

お供えかぼちゃ

朝早くから準備されたかぼちゃが参拝者に振る舞われています。
お志で振る舞われるかぼちゃは午前中でなくなります。

かぼちゃ供養3

老いも若きも、冬至の日にはかぼちゃを頂いて、この冬も元気で
風邪をひかないように、中風に罹らないようにと祈願して戴きます。

ほくほくした、熱々のかぼちゃはまことに美味です。

かぼちゃ供養2

今日参拝できなかった人のためにはお土産用も準備されていました。

かぼちゃ

これでこの冬も元気に乗り切っていけることと思われます。
19 : 26 : 42 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<甲午年の始まり | ホーム | 和食 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/656-61650feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |