FC2ブログ
小京都
2014 / 02 / 11 ( Tue )
小京都 飛騨 氷点下の森

飛騨は日本のほぼ中央に位置し、その殆どが山林に囲まれた土地柄です。
森林率は92.5%にもなるそうで、東西は険しい山が南北は河川峡谷に囲まれて
います。

気候も昼夜の温度差、さらには夏冬の温度差が大きく、湿度は比較的低い
といわれ、冬には最低気温が氷点下15度にも達する日があるそうです。

そんな飛騨高山の朝日町胡桃島というところに氷点下の森というのが
作られ、冬の風物詩ともなり、観光の呼び物となっています。

山の合間をぬって、殆ど車の離合できない道をバスはどんどんと入っていきます。

山に一軒宿「秋神温泉旅館」が昭和46年より制作を始めた樹氷の世界です。

かまくら


氷柱1 

4ヘクタールの敷地内に約600mの導水ホースを整備して例年9月から入念な
準備が進められ、11月中旬ころから氷造りが始められるそうです。

氷柱2

大きな長いホースから水が木々に撒かれると、氷点下の気温の中では
すぐに氷はじめてまいります。

自然の雪から発生した氷やつららは透明な色をしていますが、
撒かれた水はブルーに色づきます。


氷柱3

ここのところ気温が比較的高かったので、氷は融け始めていますが
地面は非常に滑りやすく、ツルツルの状態です。

上を見ていると足元をすくわれてしまいます。何人も転んでいました。

氷柱4


氷柱6

山手に向かって氷のオブジェが広がります。

もう少し気温が低いとシャボン玉が凍ってはじける様子が見られるそうです。

氷柱7

氷柱8

お昼間はブルーに夜はラトアップされ色とりどりの氷柱や樹氷がみられお伽の国
のような景色を楽しむことができます。

途中の道路は要注意です。
新たな観光スポットが注目されています。
22 : 02 : 30 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2月の干菓子 | ホーム | 小京都>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/667-8b4edc1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |