スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
京の流しひな
2014 / 03 / 03 ( Mon )
「京の流しひな」下鴨神社


3月3日は上巳の節句、一年のうちの五節句の2番目に迎える行事です。
3月は桃の花が咲く頃から「桃の節句」ともいわれております。

平安時代から3月は雛飾りをし、子女の穢れを祓い、健やかなることを
お祈りしてまいりました。

京でもひな祭りの行事はあちこちで行われております。

ここ下鴨神社(賀茂御祖神社)でも毎年京人形商工協同組合が主催で
「京の流しひな」が行われています。

下鴨神社


梅が丁度満開を迎えた下鴨神社で午前10時から桟俵の販売や十二単の着付け
「流しひな」などが行われました。

紅梅

橋殿には見事な雛飾りがされていて、参拝者の子供やご家族が記念写真を
写しておられました。

雛飾り

子供の厄除けと健やかな成長を祈願して流す雛の桟俵は
赤衣に金の袴、鳥帽子、簡素な白梅模様の可憐な美しい夫婦雛です。
これを御手洗川に流すと心が清められ、すべての厄が逃れられると
言い伝えられ、今日も500円、1000円のものが販売されていました。

桟俵3

御手洗社の前で修祓、献饌、祝詞奏上などの神事が行われたあと
流しひなが行われました。

先ずは斎主、宮司さんの流しひなの後、束帯、十二単姿の
ご両人の流しひなが行われました。

流し雛5

京の綺麗どころ「舞妓」さんによる流しひなです。

流し雛

可愛い、可愛いひまわり幼稚園の園児による流しひなも行われました。

流し雛2

京のマスコットキャラでもある「たわわ」ちゃんによる流しひなは皆に
愛嬌を振りまいていました。

流し雛3

この後は一般の参拝者による流しひなが行われました。

今年も春はすぐそこまで近づいておりますが、今日は風の冷たい寒い
ひな祭りでした。

行事の様子は1時間前に行ってもすでにメインの場所はいっぱいでなかなか
写真に収めることのできる場所は早くいかないと無理でした。
15 : 41 : 10 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<清凉寺 お松明 | ホーム | 京の冬の旅>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/03/16 18:54 * [ 編集] | page top↑
--Re: 昨日は有難うございました--

>  昨晩は有意義で、楽しい一時間を有難うございました。
> いろいろ勉強させていただきました。
>  あれから、早速ブログ「京の畦道」を拝見いたしました。
> 素晴らしい充実した内容で感服いたしました。
>  写真はもとより、コメントの充実した内容に、常に学習しておられることが手に取るようにわかりました。
>  昨日の話ぶりから、ご推察されたと思いますが、僕も昨年の6月より始めました、まだ研修生みたいなもので、人様に見ていただけるようなものではありません。
>  昨年6月、30数年山岳会に所属しておりましたが、年齢や体調もあって退会し、それまで、常に山行をご一緒していただいていた、蝶博士がブログをやっていたので、僕もボケ防止と、自分の為に積極的に行動することが必要と始めました。
>  今はただ、やみくもに手当たり次第の感じで、まだ方針も定まらず、あなたのように、一貫したブログに対する考え方や、方針が確りしていることを羨ましく思います。
>  今後もますますご活躍されますことを、心より念じております。
>  またどこかでひょっとお会いするかもわかりませんが、その節はどうか宜しくお願い申し上げます。
>  ありがとうございました。
>  3月16日  荒木 邦夫


荒木様
 松明点火までの1時間、寒くてどのように過ごそうか?・・・と思いつつ
 写真撮影の場所を探しておりました。
 まさに一期一会、偶然のお出会いの機会が与えられ、
 お陰様で短い1時間に感じることができました。
 京の都は探検すればするほど奥深いものがあり、ブログの題材も豊富にあります。
 京に住んでいてもまだまだ知らないことが沢山あることに気づかされます。
 荒木様のブログを是非拝見したいものです。
 又どこかでお会いできれば幸運です。
 どうぞご活躍くださいませ。
 楽しい1時間をこちらこそありがとうございました。
  カンナ
 
 
by: カンナ * 2014/03/16 23:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/672-f27c8082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。