FC2ブログ
千本釈迦堂(大報恩寺)
2014 / 03 / 22 ( Sat )
千本釈迦念仏(大報恩寺)

京の上京区七本松通今出川上るにある千本釈迦堂は正式には大報恩寺
といいます。

山門


千本通に面していたというところと、ご本尊にお釈迦様をお祀りするところから
千本釈迦堂と呼ばれるようになったそうです。

山号は瑞応山と号し、真言宗に属します。

この千本釈迦堂の本堂は鎌倉期に開創されて以来、応仁の乱をはじめ幾多の戦禍
にも奇跡的に免れ、京都市街地では現存最古の木造建築として国宝に指定されて
います。


この千本釈迦堂では毎年3月22日の午後2時から釈迦念仏が行われております。


涅槃絵2

この釈迦念仏はお釈迦様が最後に言葉として残されたものを「仏遺教経」といい
18日~春の彼岸にあわせて涅槃会としてこの行事が行われています。


涅槃絵

この釈迦念仏は兼好法師の『徒然草』の中の第228段に
 「千本の釈迦念仏は文永の頃如輪上人これを始められけり」と記されて
いるそうで、約780年前から伝わってきたものと言われております。

「仏垂般涅槃略説教誡経」の中には

釈迦牟尼仏初めに 法輪転じて阿若僑陳如を度し最後に法を説いて修跋陀羅を
度す 所応度の物皆な己に度しおわて娑羅叟樹の間に於いて 将に涅槃に
入りなんとす

から始まり、最後に南無釈迦牟尼仏で終わります。

この念仏を独特の節回しで唱和されます。
最初から2重、3重と高くなって、又次第に低くなっていく音調で繰り返し
行われこれを総称して釈迦念仏というそうです。

又涅槃図の前でも読経が行われ、珍しい「涅槃会」が行われました。

涅槃図2

本日の涅槃会を修された僧侶の方々が参道を退座されていきます。

退座

千本釈迦堂の阿亀桜(おかめさくら)も蕾がふくらんできました。
4月の初旬ころには開花すると思われます。

おか目桜

鎌倉時代の一端に触れることができる釈迦念仏の行事で沢山の方がお詣り
されていました。
23 : 24 : 19 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京都府庁旧本館の桜 | ホーム | 清凉寺 お松明>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/674-bd8f4f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |