FC2ブログ
松風
2014 / 05 / 21 ( Wed )
京菓子 松風 その3

京菓子松風その3は北区紫野大徳寺前にある「松屋藤兵衛」さんです。

現在は9代目を継承されています。

その昔は豊臣秀次の付き人をされていたそうで、その後は御所の祐筆と
してお勤めをしながら家では松風を作っておられたと伝えられています。

5,6代前までは御所の清和院門前にお店を構えていましたが、
大正の末期(大正7年に京都電気鉄道が京都市に買収され、市電が拡充
されるようになるに従い、北大路通も拡幅されました。)
に北大路通が広くなり、茶道が盛んな大徳寺にも近いことから、現在の地に
越してこられました。

店舗

松屋藤兵衛の松風は「紫野松風」でその特徴は「大徳寺納豆」が用いられて
いることです。

大徳寺好みのお菓子として柔らかめに改良されてきました。

松風2

松風は特に茶道では立礼の時の主菓子や、お干菓子的に用いられることが
多いようです。
又抹茶だけでなく、コーヒーや紅茶にもあうお菓子として幅広く好まれています。

松風

松風3

松風の由来の一説には

  「江月照松風吹  (こうげつていしょうし、松風ふく

     永夜清宵何所為」  えいやせいしょうなんのしょいぞ)

秋の澄んだ月は川の水を照らし、松を吹く風は爽やかである。
 この永い夜 清らかな宵の景色は何のためにあるのか、
   それは何のためでもなく 天然自然にそうなのである。

唐の永嘉大師(曹洞宗開祖の弟子玄覚)の作成した詩の中の第103,104の句

からの節もあるそうです。
お菓子も極めれば奥深いものがあります。
20 : 42 : 18 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<十駕 | ホーム | 松風>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/681-853ab62f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |